人気順

ランキング
  • (中島博司氏)学力向上につながる「アクティブ・ラーニング」について

    中島校長がアクティブ・ラーニングを語り尽くす!第7回ALフォーラムの講演がついに公開!「○AL」「○学的思考」!?2019年、ALの柱となるポイントを余すことなく披露いただきます!

  • (西川純氏)幸せになるアクティブ・ラーニング

    アクティブ・ラーニングとは何か!?あの西川純氏がアクティブ・ラーニングの本質について熱く語る!

  • 聖徳学園高等学校・小野和彦先生(高2・英語)

    この動画から学べること

    ○1時間の中で、グループ活動、ペア活動、個人活動をいかに効率よく行うか
    ○生徒同士、傾聴、承認しながら協働作業を行う流れ

    高校:2年
    単元:コミュニケーション能力を作る!
    学校名:聖徳学園高等学校
    先生名:小野和彦

    聖徳学園高等学校・小野和彦先生(高2・英語)

    遊んでいるように見えるのに、書く力、聞く力が伸びてくる英語の授業!生徒の「知的好奇心」を刺激したいという小野先生の授業には、楽しみながら英語脳を鍛えるヒントが満載です。

    • 英語
    • 高校
    • グループワーク
    • 発表形式
  • 教え過ぎない部活指導

    この動画から学べること

    ○あるレベルにまで来ると、テーチングではなく、コーチングによって生徒の力は伸びていく様子

    高校:部活動
    単元:---
    学校名:聖徳学園高等学校
    先生名:小野和彦

    教え過ぎない部活指導

    アクティブラーニングを部活の指導に取り入れた実践例をご紹介。全国大会出場へ導いた目標設定とリフレクション、部内での交流、「自分でこれをするんだ」という意欲の育て方を解説します。

    • 中学校
    • 高校
    • 教師としての心構え
    • モチベート力
    • 場づくり
    • 発問・意見発表
    • HR・学活
  • (木下晴弘氏)第8回学校ソリューションセミナー(1) 「生徒のやる気を高める方法」~感動が人を動かす~

    “人気No.1講師”木下晴弘氏の新着講義が公開スタート!生徒がやる気を高める方法を60分でお伝えします。積極的に授業に参加しない生徒の心を開き、ハートに火を灯すエピソードは明日の授業ですぐに使えます!

  • ゲーム感覚で向上の喜びを!ぐんま国際アカデミー中高等部・金子弘幸先生(英語)

    この動画から学べること

    ○ゲーム感覚の楽しさを授業に導入する手法
    ○上位の生徒も下位の生徒も同時に学べる手法
    ○基本的には上位の生徒を伸ばしながら、下位の生徒のケアをする授業

    中学校:1年生、英語・外国語
    単元:受動態
    学校名:ぐんま国際アカデミー中高等部
    先生名:金子弘幸

    ゲーム感覚で向上の喜びを!ぐんま国際アカデミー中高等部・金子弘幸先生(英語)

    生徒の意識を活性化させ、向上する喜びを与える授業のポイントは「ぬいぐるみ」!?と「プリント学習」にあり!英語が苦手な生徒にも効果的な、授業実践の様子をお届けします!

    • 英語
    • 中学校
    • 中1
    • クイズ形式
  • 徹底解説!藤牧朗流アクティブ・ラーニング

    大好評の公民授業。先生自らが授業のポイントを解説!すぐ実践できるノウハウ満載!

  • アクティブ・ラーニング授業開き~『学び合い』オリエンテーション~

    この動画から学べること

    ○アクティブラーニングの際に、教師が「教える」代わりにすべきこと
    ○『学び合い』の授業に挑戦するにあたって、意識変革をすべきこと
    ○これからの社会になぜアクティブラーニングが求められているのか
    ○AL型授業(『学び合い』)に挑戦する際の始め方
    ○従来指導型授業をされている同僚とうまくやっていくための配慮

    高校:1年、理科
    単元:免疫
    学校名:東京大学教育学部附属中等教育学校
    先生名:對比地覚

    アクティブ・ラーニング授業開き~『学び合い』オリエンテーション~

    初めてALに取り組む先生必見!テスト前の1時間を使って簡単に取り組めるAL型授業もご紹介!

    • 理科
    • 中学校
    • その他校種
    • 『学び合い』
  • 八王子市立弐分方小学校・白井亜紀子先生(小4・学級活動)

    この動画から学べること

    ○児童から「学校・学級をより良くするために掃除の仕方について考えたい」という課題が出たため、本来、掃除に関することは(2)で話し合う内容だが、(1)で扱う場合はどのような工夫が必要で、どう展開すればいいかを考え、中学年部の提案授業とした。

    小学校:4年生、その他
    単元:議題「掃除の仕方を工夫しよう」
    学校名:八王子市立弐分方小学校
    先生名:白井亜紀子

    八王子市立弐分方小学校・白井亜紀子先生(小4・学級活動)

    クラスの課題をみんなで解決!「掃除の仕方」を改善するためにどうしたらいいか、小学4年生の真剣な話し合いがスタート。学級会で、子どもたちの意欲を引き出す進行をご紹介します。

    • 小学校
    • HR・学活
    • リフレクション
    • 小4
  • 聖学院高等学校・児浦良裕先生(高2・数学)<理系レギュラーコース編>

    数学で大切なのは「文・式・図」!解き方をチームで説明したり、付箋を使った振り返りでポイントを言語化することで、社会に出たときに役立つ数学的「問題解決力」を伸ばす授業です。

  • (落合陽一氏)インターネット時代のラボ教育

    5年教育を受けると4年損する!?「現代の魔法使い」落合陽一氏が語った、これからの人間に必要な教育とは。

  • 静岡県立駿河総合高校・鈴木庸介先生(高3・政治経済)

    この動画から学べること

    ○『学び合い』の考え方に基づく授業展開
    ○実社会との繋がりを意識した、生徒の主体的・対話的な学びを引き出す仕掛け

    高校:3年、社会
    単元:財政の役割と租税
    学校名:静岡県立駿河総合高等学校
    先生名:鈴木庸介

    静岡県立駿河総合高校・鈴木庸介先生(高3・政治経済)

    納期までにミッション達成せよ!社会で生き残っていく力を身に付ける、高校3年生のための政治経済。教員歴20年のこだわりを手放してたどり着いた、学びのダイナミクスと快感が渦巻く授業とは。

    • 高校
    • 『学び合い』
    • グループワーク
    • 社会・地歴公民
    • 高3
  • 安河内先生が教える英語4技能試験対策と、生徒を主体的にするテクニックとは!?

    【記事】英語界の看板講師、安河内哲也先生の「4技能試験」対策の授業づくりを記事にて一部ご紹介します!他教科の先生からも、視聴されているプレミアムコンテンツをぜひご覧ください!

  • フィンランド独立100周年とDare to Learn

    【エッセイ】はじめまして、FindアクティブラーナーのアドバイザーでDare to Learnアジア代表の小林と申します。Dare to Learnはフィンランドの教育NPOで、昨年9月に教育、生涯学習をテーマに大規模なイベントを行いました。

  • 5年かかって辿り着いた『学び合い』

    この動画から学べること

    ○『学び合い』に対する考え方の変遷
    ○高校(進学校)で『学び合い』を行う際のポイント
    ○授業中の生徒達の様子

    高校:2年、社会
    単元:地理B
    学校名:ぐんま国際アカデミー中高等部
    先生名:桐生朋文

    5年かかって辿り着いた『学び合い』

    学級作りと成績向上を両立させる『学び合い』!実践からわずか3ヶ月で、生徒たちを変え始めたその裏には、取り組みへの迷い・葛藤がありました。同じ悩みを持つすべての先生へ、現状を打開するヒントをお届けします!

    • 高校
    • 社会(地歴公民)
    • 『学び合い』
    • グループワーク
  • アクティブ・ラーニング課題解決シリーズ3!「保護者からの理解」について

    【記事】アクティブ・ラーニングは、実際に親からどう思われているの!?新しい取り組みだからこそ、保護者から理解され、そして応援してもらうための2つのアプローチを、先生インタビューから紐解きます!

  • 教科横断型授業:英語×生物 ~つながることのUMAMI~

    この動画から学べること

    ○教科横断型授業への取り組み方
    ○「英語で授業」の取り組み方
    ○ジクソー法の取り組み方

    高校:2年生、英語・外国語
    単元:Umami
    学校名:西武学園文理高等学校
    先生名:土屋進一

    教科横断型授業:英語×生物 ~つながることのUMAMI~

    英語を学ぶでなく、英語“で”学ぶ【英語✕生物】の教科横断型授業!「英語で新たな知識を得られた!」「他の知識とのつながり・関連性に気づけた!」そんな興味関心を引き出す授業を、指導案とともに学べます!

    • 高校
    • 英語
    • 理科
    • ジグソー法
    • グループワーク
  • 留学と学び

    留学は語学だけじゃない!留学を支援する側・行った側の立場から、海外経験がもたらす自身の成長や考え方の変化をご紹介します。不規則に変化する未来を強く生きるために必要なスキルとは…!?