人気順

ランキング
  • (村上憲郎氏)グローバル時代を生き抜く21世紀に必要な人材とは?

    教育はすべて英語でやるべき!?元Google Japan代表の村上憲郎氏が語る、産業界から見た教育への期待とは?

  • (安河内哲也氏)どう変わる?大学入試英語

    戦後最大とも言える英語教育の大改革の目玉となる4技能試験の導入について、安河内先生が解説!

  • (リヒテルズ直子氏)シチズンシップ教育

    多様な価値観を受け入れ共同する社会を目指す「シチズンシップ教育(市民性教育)」。欧米諸国の多くで実践されている「ピースフルスクールプログラム」やいじめ対策プログラム「KIVA」をご紹介

  • みんなで学ぶ!楽しく学ぶ!~活用と探求で変わる児童の学び~

    この動画から学べること

    ○Gamification
    ○コンテスト型授業
    ○グループワークのポイント

    小学校:5年、理科
    単元:発電・蓄電
    学校名:宝仙学園小学校
    先生名:吉金佳能

    みんなで学ぶ!楽しく学ぶ!~活用と探求で変わる児童の学び~

    「発電機を発明して、ゴールドをGetせよ!」授業をゲーム化したら、子どもたちが本気になった!ゴールとルールを明確にしてミッションクリアを目指すコンテスト型授業で、 創造性と探究力を育む理科授業

    • 小学校
    • 理科
    • タブレット
    • グループワーク
    • 小5
  • 白鷗大学・ジャーナリスト下村健一先生(小6・メディアリテラシー)

    この動画から学べること

    ○「情報を疑え」「真偽を見極めろ」といった抽象的な警告に代わる、初対面の情報に対する具体的な対処法のメソッド
    ○模範回答をせねば、というプレッシャーから子供たちが沈黙している時の、発言の促し方
    ○スムーズな授業進行を乱す想定外の回答が来たときの対処法

    小学校:6年生、その他
    単元:メディアリテラシー
    学校名:羽村市立武蔵野小学校
    先生名:下村健一

    白鷗大学・ジャーナリスト下村健一先生(小6・メディアリテラシー)

    ジャーナリストが教えるメディアリテラシー教室。情報を受け取るときに心に留めておきたい「4つのキーワード」に沿って、メディアとの関わり方を、わかりやすく、そして楽しく学びます! あらゆる先生方が取り入れ実践できる授業です。

    • 学級経営
    • コミュニケーション
    • 小学校
    • その他科目
    • 外部プログラム
    • 小6
    • 下村健一
  • フェイクニュースってなに?児童・生徒をうそ情報から守る5つの対処法

    【記事】昨今、ニュース等で話題になっているフェイクニュース。頻繁にインターネットを利用する中、児童・生徒をうそ情報から守るために行える、具体的な5つの対処法をご紹介していきます。

  • どんな授業にも活かせる!生徒の「やる気」の引き出し方決定版!

    【記事】大人気コンテンツ!「アクティブ・ラーニング基礎講座」の内容を、一部記事にしてお届けします!「やる気」を3種類に分け、その中で重要な内発的・外発的モチベーションへの働きかけに迫ります!

  • 驚異の平均点偏差値70.8を達成したICT利活用のヒミツとは!?並木中等AL授業公開レポート第1弾!

    【記事】並木中等AL公開授業の第1弾配信!“実力をつける“ICT利活用のポイントを、授業の流れから使用ツール(アプリ)まで大公開!ただICT機器を使うだけの実践から、次のステップに進むために大事なこととは?

  • T・O・Y

    この動画から学べること

    ○ホットシーティングの意義と使い方
    ○KP法の利用法と意義

    高校:1年生、社会
    単元:国際平和と日本の役割
    学校名:目黒学院中学・高等学校
    先生名:藤牧朗

    T・O・Y

    授業内容、生徒に書かせるフォーム、ルーブリック(評価基準)の作り方まで余すところなく大公開!

    • 高校
    • 発表形式
    • リフレクション
    • KP法
    • 社会・地歴公民
    • 藤牧朗
  • (木下晴弘氏)教育現場に求められる『アクティブ・ラーナー』の育成とは?

    なぜ一流の教師に教わっても合格できないのか?子どもの”合格力”を決定する、教材でも授業内容でも教師でもない「あるもの」とは。

  • 三浦学苑高等学校・佐々木綱衛先生(高1・現代文)「アクティブ・ラーニング春夏秋冬・春篇」

    この動画から学べること

    ○グループワークの目的・意義を生徒に実感させ、共有する
    ○学ぶ目的・学ぶ方法を生徒たちに考えさせる

    高校:1年生、国語
    単元:現代文『技術が道徳を代行するとき』
    学校名:三浦学苑高等学校
    先生名:佐々木綱衛

    三浦学苑高等学校・佐々木綱衛先生(高1・現代文)「アクティブ・ラーニング春夏秋冬・春篇」

    アクティブ・ラーニングは初回の授業が重要!三浦学苑佐々木先生の新1年生の初回授業を特別公開!

    • 国語
    • 高校
    • クイズ形式
    • 発表形式
    • 高1
  • (岩崎由純氏)アクティブ・ラーナーを育むペップトーク

    オリンピックにも派遣され選手の力を引き出す専門家が、生徒を前向きにする声かけのポイントを解説!

  • 文教大学付属高等学校・荒木泉子先生(1年・国語)

    この動画から学べること

    ○「羅生門」のアクティブラーニング
    ○タブレットを使った簡易ディベートの方法

    高校:1年、国語
    単元:「羅生門」
    学校名:文教大学付属高等学校
    先生名:荒木泉子

    文教大学付属高等学校・荒木泉子先生(1年・国語)

    タブレットを活用したい先生必見!すぐできる!ディベート授業でタブレット活用。

    • 国語
    • 高校
    • 最新ツールの活用
    • タブレット
    • 生徒からの質問
    • 発問・意見発表
    • グループワーク
    • 高1
  • (福島毅氏)アクティブラーニング(理論)

    AL型の授業の振り返り(リフレクション)により授業を改善していく方法やツールについてご紹介。

  • 岡山学芸館高等学校・沖田さやか先生(高1・国語)

    この動画から学べること

    ○学びに対する惹きつけ方
    ○生徒との関係性の作り方

    高校:1年生、国語
    単元:バズらせろ!!
    学校名:岡山学芸館高等学校
    先生名:沖田さやか

    岡山学芸館高等学校・沖田さやか先生(高1・国語)

    ミッションは「バズれ!」Webライターになりきり25文字の記事タイトルを考える。国語の先生はこうあるべき、教科書はこう進めるべき、という固定概念を取り払った、元NHKキャスター教師の国語授業

    • 国語
    • 高校
    • グループワーク
    • 発表形式
    • 高1
  • (落合陽一氏)インターネット時代のラボ教育

    5年教育を受けると4年損する!?「現代の魔法使い」落合陽一氏が語った、これからの人間に必要な教育とは。

  • 第2回『アクティブ・ラーニングフォーラム』パネルディスカッション

    学校教育、意味あるの?学校は一体何のために存在するのか、元Google Japan代表の村上氏と学校現場の先生が語る