人気順

ランキング
  • ゲーム感覚で向上の喜びを!ぐんま国際アカデミー中高等部・金子弘幸先生(英語)

    この動画から学べること

    ○ゲーム感覚の楽しさを授業に導入する手法
    ○上位の生徒も下位の生徒も同時に学べる手法
    ○基本的には上位の生徒を伸ばしながら、下位の生徒のケアをする授業

    中学校:1年生、英語・外国語
    単元:受動態
    学校名:ぐんま国際アカデミー中高等部
    先生名:金子弘幸

    ゲーム感覚で向上の喜びを!ぐんま国際アカデミー中高等部・金子弘幸先生(英語)

    生徒の意識を活性化させ、向上する喜びを与える授業のポイントは「ぬいぐるみ」!?と「プリント学習」にあり!英語が苦手な生徒にも効果的な、授業実践の様子をお届けします!

    • 英語
    • 中学校
    • 中1
    • クイズ形式
  • (木下晴弘氏)A.L.とリーダーシップ

    "人気No.1講師"木下先生が、アクティブラーニングとリーダーシップの関係性を"陰陽の法則"から解説します。"教"え"育"てる全ての方に観ていただきたい講義です。

  • これからの教育

    新任教員向けパックその1。これから教育はどう変化していくのか!?必ず知っておきたい知識満載。

  • (藤牧朗氏)仕掛けと仕組みで生徒を巻き込むアクティブ・ラーニング型授業とは?

    東大医学部卒、教員免許10種保有の藤牧先生が、生徒の「学びたい気持ち」を大切にして作り上げた、ホットシーティングやKP法などを活用した公民授業を解説。授業案、ルーブリックも共有します!

  • (住ノ江修氏)こんな使い方が出来る!?iPad4つの活用術

    既に授業でiPadを使っている先生はもちろん、「難しそうだから…」と悩んでいる先生方、必見です!

  • (西川純氏)幸せになるアクティブ・ラーニング

    アクティブ・ラーニングとは何か!?あの西川純氏がアクティブ・ラーニングの本質について熱く語る!

  • (岩崎由純氏)ペップトークでメンタルを整える

    大好評!主体性を引き出すプロ岩崎先生第二弾!自分自身を変えていくセルフペップトークを伝授。

  • (坪谷ニュウエル郁子氏)世界の先端教育から見るALの未来

    世界146カ国、4000の学校で導入されている国際バカロレアとアクティブ・ラーニングの関係について。

  • (松永和也氏)学園をあげて本格導入!現場の声をお届けします。

    学校全体でALに取り組む桐蔭学園の、聞いたその日からすぐに実践できるノウハウ大公開!

  • 聖徳学園高等学校・小野和彦先生(高2・英語)

    この動画から学べること

    ○1時間の中で、グループ活動、ペア活動、個人活動をいかに効率よく行うか
    ○生徒同士、傾聴、承認しながら協働作業を行う流れ

    高校:2年
    単元:コミュニケーション能力を作る!
    学校名:聖徳学園高等学校
    先生名:小野和彦

    聖徳学園高等学校・小野和彦先生(高2・英語)

    遊んでいるように見えるのに、書く力、聞く力が伸びてくる英語の授業!生徒の「知的好奇心」を刺激したいという小野先生の授業には、楽しみながら英語脳を鍛えるヒントが満載です。

    • 英語
    • 高校
    • グループワーク
    • 発表形式
  • (西川純氏)アクティブ・ラーニングだから成績が上がる

    アクティブ・ラーニングの方が成績が上がる、学術的研究に裏付けられたその根拠を解説。30人、3か月の生徒の会話を分析して分かった、勉強が分からなくなる本当の理由も明らかに!

  • 徹底解説!藤牧朗流アクティブ・ラーニング

    大好評の公民授業。先生自らが授業のポイントを解説!すぐ実践できるノウハウ満載!

  • アクティブ・ラーニング授業開き~『学び合い』オリエンテーション~

    この動画から学べること

    ○アクティブラーニングの際に、教師が「教える」代わりにすべきこと
    ○『学び合い』の授業に挑戦するにあたって、意識変革をすべきこと
    ○これからの社会になぜアクティブラーニングが求められているのか
    ○AL型授業(『学び合い』)に挑戦する際の始め方
    ○従来指導型授業をされている同僚とうまくやっていくための配慮

    高校:1年、理科
    単元:免疫
    学校名:東京大学教育学部附属中等教育学校
    先生名:對比地覚

    アクティブ・ラーニング授業開き~『学び合い』オリエンテーション~

    初めてALに取り組む先生必見!テスト前の1時間を使って簡単に取り組めるAL型授業もご紹介!

    • 理科
    • 中学校
    • その他校種
    • 『学び合い』
  • 説得から納得する授業

    この動画から学べること

    ○「ディベート」に「協働性」を掛け合わせた「コラボベート」という『学び合い』の手法
    ○グループワークにおける役割の指示(学齢や段階に応じて)
    ○生徒が司会進行を担う際の型

    中学校:2年、国語
    単元:「走れメロス」の読解を通して納得度の高い結論を導く
    学校名:桐蔭学園中学校
    先生名:松永和也

    説得から納得する授業

    あの桐蔭学園の国語授業動画を公開!ディベートよりも深い読解力と思考力が身につく『コラボベート』とは?!50分の授業の構成から進め方まで、松永先生が詳しく解説します。

    • 国語
    • 中学校
    • タブレット
    • ロイロノート
    • グループワーク
    • 発表形式
    • 中2
  • (榊原正幸氏)ITリテラシーで未来を知る

    公立小学校、中学校でITリテラシーやキャリア教育の出張授業を実施するAmazon榊原正幸氏が、IT教育の新しい常識を解説します。

  • 教え過ぎない部活指導

    この動画から学べること

    ○あるレベルにまで来ると、テーチングではなく、コーチングによって生徒の力は伸びていく様子

    高校:部活動
    単元:---
    学校名:聖徳学園高等学校
    先生名:小野和彦

    教え過ぎない部活指導

    アクティブラーニングを部活の指導に取り入れた実践例をご紹介。全国大会出場へ導いた目標設定とリフレクション、部内での交流、「自分でこれをするんだ」という意欲の育て方を解説します。

    • 中学校
    • 高校
    • 教師としての心構え
    • モチベート力
    • 場づくり
    • 発問・意見発表
    • HR・学活