人気順

ランキング
  • (棚谷克彦氏)進学校ではない学校のアクティブ・ラーニング実践報告

    進学校でない学校で、アクティブ・ラーニングはどうやるの!?今回はその実践例の1つとして、「シークエンス(モジュール学習)」という手法の実演と、重要な3つのキーワードについてお伝えします!

  • ゲーム感覚で向上の喜びを!ぐんま国際アカデミー中高等部・金子弘幸先生(英語)

    この動画から学べること

    ○ゲーム感覚の楽しさを授業に導入する手法
    ○上位の生徒も下位の生徒も同時に学べる手法
    ○基本的には上位の生徒を伸ばしながら、下位の生徒のケアをする授業

    中学校:1年生、英語・外国語
    単元:受動態
    学校名:ぐんま国際アカデミー中高等部
    先生名:金子弘幸

    ゲーム感覚で向上の喜びを!ぐんま国際アカデミー中高等部・金子弘幸先生(英語)

    生徒の意識を活性化させ、向上する喜びを与える授業のポイントは「ぬいぐるみ」!?と「プリント学習」にあり!英語が苦手な生徒にも効果的な、授業実践の様子をお届けします!

    • 英語
    • 中学校
    • 中1
    • クイズ形式
  • (原田隆史氏)部活で変わる日本の教育

    教師にとって負担と言われる部活指導。しかし、部活指導を活用して教育効果を高めることが出来ることができるとしたら…。誰も教えてくれなかった部活指導のツボをあの原田先生自ら語ります。

  • (山本秀樹氏)100%アクティブ・ラーニングを提供する「未来の大学」

    キャンパスも教室もない全寮制大学。 2014年に開校したミネルバ大学の授業映像をご紹介。世界で注目を浴びている最先端の大学とはどんな大学なのか。進路指導に関わる先生は是非ご覧ください。

  • 公民ONEグランプリ

    この動画から学べること

    ○生徒が楽しく授業を受け、暗記を定着できるための授業法
    ○テスト対策のためアクティブラーニング

    高校:3年、社会
    単元:倫理「源流思想」
    学校名:岡山学芸館高等学校
    先生名:小笠原健二

    公民ONEグランプリ

    小学1年生のように我先にと手を挙げる生徒!なぜそこまで夢中になるのか!?秘密の授業の裏側を公開!

    • 高校
    • 1時間使って
    • グループワーク
    • クイズ形式
    • 社会・地歴公民
  • (西川純氏)幸せになるアクティブ・ラーニング

    アクティブ・ラーニングとは何か!?あの西川純氏がアクティブ・ラーニングの本質について熱く語る!

  • (岩崎由純氏)アクティブ・ラーナーを育むペップトーク

    オリンピックにも派遣され選手の力を引き出す専門家が、生徒を前向きにする声かけのポイントを解説!

  • (荻野純子氏)営業力強化講座

    教師に営業力は必要ない!?生徒募集・保護者面談、どんな時にも活用できる営業力を高めるビジネスノウハウ。

  • トキワ松学園中学校・岩谷奈美先生(英語)

    この動画から学べること

    ○中学生にもできるディベートの仕方
    ○発話の促し方

    中学校:3年、英語・外国語
    単元:会話授業
    学校名:トキワ松学園中学校
    先生名:岩谷奈美

    トキワ松学園中学校・岩谷奈美先生(英語)

    自分の頭で考える力がつく! 英語で話すことが楽しくなる! 世界で活躍できる女性を育てる授業!

    • 英語
    • 中学校
    • 中3
  • (渋谷文武氏)渋谷文武+Lecture! ワクワク感を持たせる惹きつけ方法編

    プロ講師養成の第一人者が、「惹きつける板書の仕方」「数字つかみ」「照明を消す」「暗号化」など、生徒にワクワク感を持たせるための12のノウハウを実演を交えてお伝えします

  • 茨城県立結城第一高等学校・棚谷克彦先生インタビュー(日本史)

    この動画から学べること

    ○KP法の取り組み方
    ○グループワークのファシリテート

    高校:3年、社会
    単元:高等学校改訂版 日本史A 人・くらし・未来(第一学習社) 4節3 ロシアとの戦争がおこった~日英同盟と日露戦争~
    学校名:茨城県立結城第一高等学校
    先生名:棚谷克彦

    茨城県立結城第一高等学校・棚谷克彦先生インタビュー(日本史)

    勉強に自信がなかった生徒たちが、1年間でテスト平均点を2倍にした!

    • 高校
    • グループワーク
    • リフレクション
    • 社会・地歴公民
    • 高3
  • (浅井正美氏)小学校英語の指導法と指導実践

    低学年と高学年で言語能力に大きな差のある小学生。本講座では、その発達段階に応じた留意点を明確にし、各々に有効な指導方法を英語ノート"Hi, friends"の実例と共にご覧ください。

  • (浅井正美氏)中学校英語の指導法と指導実践

    英語を教科として学び始める中学生への指導について、まず英語と日本語の違いを理解する4つのポイントを解説します。音、語順、文字、文字と音との関係性を整理し、実践へ活かしていきます!

  • (浅井正美氏)高校英語の指導法と指導実践

    高校英語で身につけるべき読解や記述、プレゼンテーション力を、ティーチャートークやTESOL、多読多聴やレシテーション、イミテーション等あらゆる技法を使い着実に伸ばす方法をご紹介!

  • 「教えたがり」だった教師がALを促す授業へ

    この動画から学べること

    ○生徒によるKP法を活用したプレゼンテーション
    ○ペアワークのファシリテート

    高校:3年生、社会
    単元:テーマ史
    学校名:専修大学附属高等学校
    先生名:杉山比呂之

    「教えたがり」だった教師がALを促す授業へ

    【その1】教えたがりだった教師が、なぜアクティブ・ラーニングに目覚めたのか。解を与えない日本史授業のあり方とは?

    • 高校
    • 発表形式
    • グループワーク
    • リフレクション
    • KP法
    • 高3
    • 社会・地歴公民
  • 「教えたがり」だった教師がALを促す授業へ2

    この動画から学べること

    ○生徒によるKP法を活用したプレゼンテーション
    ○ペアワークのファシリテート

    高校:3年生、社会
    単元:テーマ史
    学校名:専修大学附属高等学校
    先生名:杉山比呂之

    「教えたがり」だった教師がALを促す授業へ2

    【その2】教えたがりだった教師が、なぜアクティブ・ラーニングに目覚めたのか。解を与えない日本史授業のあり方とは?

    • 高校
    • 発表形式
    • KP法
    • 高3
    • 社会・地歴公民