人気順

ランキング
  • 土浦日本大学中等教育学校・松原大輔先生(5年・物理)

    この動画から学べること

    ○協同学習
    ○TalkingScienceの取り組み
    ○消極的な生徒の考え
    ○生徒個々の理解
    ○生徒の話し合いの促し

    中等教育学校:5年、理科
    単元:熱力学
    学校名:土浦日本大学中等教育学校
    先生名:松原大輔

    土浦日本大学中等教育学校・松原大輔先生(5年・物理)

    クラス全員が回答者!全ての生徒の理解度や考えを把握できるフリップメソッドとは?

    • 理科
    • 高校
    • その他校種
    • クイズ形式
  • 徹底解説!藤牧朗流アクティブ・ラーニング

    大好評の公民授業。先生自らが授業のポイントを解説!すぐ実践できるノウハウ満載!

  • アクティブ・ラーニング授業開き~『学び合い』オリエンテーション~

    この動画から学べること

    ○アクティブラーニングの際に、教師が「教える」代わりにすべきこと
    ○『学び合い』の授業に挑戦するにあたって、意識変革をすべきこと
    ○これからの社会になぜアクティブラーニングが求められているのか
    ○AL型授業(『学び合い』)に挑戦する際の始め方
    ○従来指導型授業をされている同僚とうまくやっていくための配慮

    高校:1年、理科
    単元:免疫
    学校名:東京大学教育学部附属中等教育学校
    先生名:對比地覚

    アクティブ・ラーニング授業開き~『学び合い』オリエンテーション~

    初めてALに取り組む先生必見!テスト前の1時間を使って簡単に取り組めるAL型授業もご紹介!

    • 理科
    • 中学校
    • その他校種
    • 『学び合い』
  • 説得から納得する授業

    この動画から学べること

    ○「ディベート」に「協働性」を掛け合わせた「コラボベート」という『学び合い』の手法
    ○グループワークにおける役割の指示(学齢や段階に応じて)
    ○生徒が司会進行を担う際の型

    中学校:2年、国語
    単元:「走れメロス」の読解を通して納得度の高い結論を導く
    学校名:桐蔭学園中学校
    先生名:松永和也

    説得から納得する授業

    あの桐蔭学園の国語授業動画を公開!ディベートよりも深い読解力と思考力が身につく『コラボベート』とは?!50分の授業の構成から進め方まで、松永先生が詳しく解説します。

    • 国語
    • 中学校
    • タブレット
    • ロイロノート
    • グループワーク
    • 発表形式
    • 中2
  • 教え過ぎない部活指導

    この動画から学べること

    ○あるレベルにまで来ると、テーチングではなく、コーチングによって生徒の力は伸びていく様子

    高校:部活動
    単元:---
    学校名:聖徳学園高等学校
    先生名:小野和彦

    教え過ぎない部活指導

    アクティブラーニングを部活の指導に取り入れた実践例をご紹介。全国大会出場へ導いた目標設定とリフレクション、部内での交流、「自分でこれをするんだ」という意欲の育て方を解説します。

    • 中学校
    • 高校
    • 教師としての心構え
    • モチベート力
    • 場づくり
    • 発問・意見発表
    • HR・学活
  • (光延栄治氏)授業力の原理と原則

    「善い授業」は先生の数だけあります!それぞれの先生の授業をもっと善く検証・改善していく上で基礎となる「あたりまえの原則」や、外から見た善い授業の3要素をご紹介。

  • (井上郁夫氏)教師のためのコーチング講座

    やる気を引き出すコーチングの基本スキル!「傾聴」と「質問」で生徒と信頼関係を築き、一緒に課題を解決していく方法を探します。後半には、同僚の先生へのコーチング事例も。

  • (浅井正美氏)小学校英語の指導法と指導実践

    低学年と高学年で言語能力に大きな差のある小学生。本講座では、その発達段階に応じた留意点を明確にし、各々に有効な指導方法を英語ノート"Hi, friends"の実例と共にご覧ください。

  • 文教大学付属中学校・浅沼恭子先生(中2・国語)

    この動画から学べること

    ○暗記で終わらない「敬語」の授業展開
    ○間違い敬語に気づかせる

    中学校:2年生、国語
    単元:敬語間違い探し
    学校名:文教大学付属中学校
    先生名:浅沼恭子

    文教大学付属中学校・浅沼恭子先生(中2・国語)

    まるでクイズ番組!?まるでコント!?全員参加のエンターテイメント国語授業

    • 国語
    • 中学校
    • クイズ形式
    • グループワーク
    • 発表形式
    • 中2
  • 「教えたがり」だった教師がALを促す授業へ2

    この動画から学べること

    ○生徒によるKP法を活用したプレゼンテーション
    ○ペアワークのファシリテート

    高校:3年生、社会
    単元:テーマ史
    学校名:専修大学附属高等学校
    先生名:杉山比呂之

    「教えたがり」だった教師がALを促す授業へ2

    【その2】教えたがりだった教師が、なぜアクティブ・ラーニングに目覚めたのか。解を与えない日本史授業のあり方とは?

    • 高校
    • 発表形式
    • KP法
    • 高3
    • 社会・地歴公民
  • 八王子市立弐分方小学校・前田沙緒理先生(小6・学級活動)

    この動画から学べること

    ○資料の提示
    ○意思決定の具体性

    小学校:6年生、その他
    単元:題材名「冬に風邪をひかないために」
    学校名:八王子市立弐分方小学校
    先生名:前田沙緒理

    八王子市立弐分方小学校・前田沙緒理先生(小6・学級活動)

    風邪をひかないために、どうする?下級生や学校のために、自分の体調管理について考える授業。子どもたちが「あ、これ学びたい」と思えるきっかけ作りや、具体的な行動目標の立て方をご紹介。

    • 小学校
    • 教師としての心構え
    • モチベート力
    • 場づくり
    • 発問・意見発表
    • グループワーク
    • HR・学活
    • リフレクション
    • 小6
  • 明光学園中学校・前川修一先生(中3・公民)その1

    この動画から学べること

    ○「教師によるテーマの提示→テーマに基づく個人ワーク→グループでシェア→個人の気づきのまとめ→グループでシェア」という一連の流れによる授業デザイン
    ○KP法(紙芝居プレゼンテーション法)による授業解説

    中学校:3年生、社会
    単元:公民(働くことの意義と労働者の権利)
    学校名:明光学園中学校
    先生名:前川修一

    明光学園中学校・前川修一先生(中3・公民)その1

    社会科の先生はもちろん、他教科でも実践できる紙芝居プレゼンテーションをご紹介!"求人広告"を活用しながら、たった30字で意見をまとめ、生徒の思考を深堀りします。

    • 中学校
    • 発表形式
    • グループワーク
    • 中3
    • 社会・地歴公民
  • ~遊び感覚で記憶を定着~公民ONEグランプリ・授業解説編

    「生徒が楽しみながら学べる授業」は、どの教科であっても理想とする形ではないでしょうか。その実例である「公民ONEグランプリ」のノウハウを、先生自らが徹底解説!ぜひご覧ください。

  • 全員参加の楽しい授業

    この動画から学べること

    ○前時の振り返り
    ○本時の導入

    中学校:3年、社会
    単元:内閣
    学校名:開星中学校
    先生名:松浦亮

    全員参加の楽しい授業

    楽しいからこそ学びが深まる!全員参加の授業はクラスの規律から。日々の授業と部活、社会に出た後の人間関係はリンクしているという松浦先生の言葉は授業以外のチーム作りにもつながります。

    • 中学校
    • 発表形式
    • グループワーク
    • リフレクション
    • 中3
    • 社会・地歴公民
  • (對比地覚氏)新時代に生きるアクティブラーナー

    子どもたちは、未来の同僚!東京大学教育学部附属中等教育学校の對比地氏が、未来志向の教育法やALでつまずくポイント、その乗り越え方を解説します。後半では『学び合い』も体験。