人気順

ランキング
  • 木更津工業高等専門学校・鈴木道治先生(高専1年・数学)

    この動画から学べること

    ○『学び合い』授業にしたきっかけ
    ○『学び合い』授業の実際

    高専:1年、算数・数学
    単元:図形と式
    学校名:木更津工業高等専門学校
    先生名:鈴木道治

    木更津工業高等専門学校・鈴木道治先生(高専1年・数学)

    「高専」におけるアクティブ・ラーニングの実践。授業がわからない学生の本音と先生の「覚悟」の秘密。

    • その他校種
    • 『学び合い』
    • グループワーク
    • リフレクション
    • 高専
    • 数学・算数
  • はじめての学びはアクティブ・ラーニングから

    この動画から学べること

    ○小学1年生の『学び合い』の姿
    ○子どもたちと同意しながらつくる『学び合い』のルール作り

    小学校:1年生、算数・数学
    単元:ずをつかってかんがえよう
    学校名:埼玉県志木市立宗岡第二小学校
    先生名:鈴木智久

    はじめての学びはアクティブ・ラーニングから

    小学1年生の『学び合い』ここまでできた!一人ひとりが今何をすべきか考え、一生懸命に取り組みます。周囲から『学び合い』への理解が得られない先生も、ぜひ見てください。

    • 小学校
    • 『学び合い』
    • グループワーク
    • 小1
    • 数学・算数
  • 清水弘美先生 前編(小学生・特別活動)現・八王子市立浅川小学校/前・八王子市立弐分方小学校

    【前編】学級崩壊、いじめ、保護者からのクレーム……山積する問題の根源「子どもたちの自尊感情の低さ」を『たてわり班活動』で劇的に改善した小学校を取材しました。校長先生、管理職の先生、教師を志す方はぜひご覧ください。

  • (本間正人氏)コーチング体験講座

    教師の役割がシフトする中、生徒の自発性や可能性を引き出す「コーチング」は新しい教師像の柱の一つ。コーチングの概要と重要な要素「信頼」について、ブラインドウォークを通じて学びます!

  • (高橋一也氏)アクティブラーナーになろう!

    教育のノーベル賞!グローバルティーチャー賞を日本人ではじめて受賞した高橋一也先生が、世界から評価された教育手法や根底にあるアクティブラーナーを育んでいくために大事なことを語ります

  • (井上雅裕氏)国際・産学・地域連携による体系的アクティブ・ラーニングと質保証例

    芝浦工大が組織をあげて取り組む体系的なアクティブ・ラーニングとその質保証について、副学長が解説。グローバルな環境で前例のない新しい価値(=イノベーション)を生み出す人材を育てる本学の国際PBLも紹介します!

  • 小2からのアクティブ・ラーニングことはじめ

    この動画から学べること

    ○『学び合い』導入の語り
    ○初めて体験する『学び合い』の姿

    小学校:2年生、算数・数学
    単元:ひき算のしかたを考えよう
    学校名:埼玉県三芳町立唐沢小学校
    先生名:鈴木智久

    小2からのアクティブ・ラーニングことはじめ

    小学2年生、初めての『学び合い』で子どもたちの信用を得るには?『学び合い』授業開きについて解説いただきました。周りにアクティブ・ラーニングの授業を実践する先生がいない中で『学び合い』を始めたい先生は必見です。

    • 小学校
    • 『学び合い』
    • グループワーク
    • リフレクション
    • 数学・算数
    • 小2
  • 福岡市立小呂小学校・伊東宗宏先生(小2・算数)

    この動画から学べること

    ○『学び合い』でなぜ学力が向上するのか
    ○『学び合い』でなぜ人間性が高まるのか
    ○『学び合い』に置ける主体的な学びとは何か

    小学校:2年、算数・数学
    単元:1000までの数
    学校名:福岡市立小呂小学校
    先生名:伊東宗宏

    福岡市立小呂小学校・伊東宗宏先生(小2・算数)

    人口約200人の海と共に生きる小さな島で、5人の子どもたちが出会った「本当にわかる」授業を紹介!子どもたちが優しくなり、いじめが無くなり、保護者からのクレームが無くなりました

    • 小学校
    • 『学び合い』
    • 数学・算数
    • 小2
  • 学びの伝播

    この動画から学べること

    ○生徒の主体性を伸ばすための考え方
    ○生徒の認識の深めるポイント

    高校:1年、国語
    単元:小説
    学校名:東京都立科学技術高等学校
    先生名:今井清光

    学びの伝播

    “THE理系”の高校生たちが、競い合うように国語の授業に取り組みます。
    苦手意識のある教科を楽しく学ぶヒントが得られます!

    • 高1
    • 高校
    • 国語
    • 『学び合い』
    • グループワーク
  • 筑西市立下館小学校・鈴木智博先生インタビュー(小4・特別活動)

    この動画から学べること

    ○学級会の進め方
    ○三段階討議法を用いた話合いの進め方

    小学校:4年、学級活動
    単元:議題「きよたかさんにみんなの思いを伝える計画を立てよう」
    学校名:筑西市立下館小学校
    先生名:鈴木智博

    筑西市立下館小学校・鈴木智博先生インタビュー(小4・特別活動)

    【すぐに使えるツール付き!】学級会をレベルアップ!議題の提案から話し合いの準備、実際に話し合うステップまでがフルパッケージで仕組化された、児童が作る学級会です。

    • 小学校
    • 小4
    • HR・学活
    • 発表形式
  • 生徒からプログラミングを学びたいと言われた時に伝えたい無料学習サービス5選

    【記事】プログラミング教育の必修化を受け、すでに興味を持っている児童・生徒は多いのではないでしょうか。そんな子どもたちにも自信をもっておすすめできる、無料学習サービスを5つご紹介します。

  • どんな授業にも活かせる!生徒の「やる気」の引き出し方決定版!

    【記事】大人気コンテンツ!「アクティブ・ラーニング基礎講座」の内容を、一部記事にしてお届けします!「やる気」を3種類に分け、その中で重要な内発的・外発的モチベーションへの働きかけに迫ります!

  • 大学新テストの自己採点方法と、課題となる読解力へのアプローチ

    【記事】2021年1月からはじまる大学入学共通テスト。先月行われたプレテストより、公開されている採点方法をご紹介しながら、課題となる読解力に関して最新の調査・研究をご紹介します。

  • 親がすぐ子どもに伝えたくなる算数の教え方を安浪京子氏が実演!学校の先生も太鼓判の必見動画です!

    【記事】子どもに勉強させる際、親はどのように関わればいいでしょうか。プロ家庭教師の安浪氏が、算数を通して、子どもへの教え方や注意点、どのように「わかった!」を引き出しているかを語ります!

  • テレビも注目!5年後の学校現場を先取りする最新の授業映像と教育情報ならFind!アクティブラーナー!

    【記事】先生だけでなく保護者も必見!5年後の教育現場を先取りする最先端の授業実践動画や、子育てに役立つスキル・教育情報をワンストップで収集できます!オススメコンテンツや使い方をご紹介!

  • 茨城県立並木中等教育学校・中島博司先生、津田美也子先生、石川瑶子先生インタビュー(中2/高1・国語)

    この動画から学べること

    ○TO学習の実施方法
    ○ビブリオバトルの実施方法
    ○振り返り(R80)の方法

    中学校:2年生、国語
    単元:ビブリオバトル(TO学習)
    学校名:茨城県立並木中等教育学校
    先生名:石川瑶子、津田美也子

    茨城県立並木中等教育学校・中島博司先生、津田美也子先生、石川瑶子先生インタビュー(中2/高1・国語)

    ただの縦割り学習ではない、中島校長先生考案の「TO学習」!自分の学んだことが、人のため、世の中のためになることの体験を通じて、生徒のより深い学びを加速させます!

    • 中学校
    • 高校
    • 国語
    • 発表形式
    • 中2
    • 高1
  • 「グローブ」映画教育のススメ~映画作りを通じて人間を作る

    この動画から学べること

    ○グループワーク
    ○クリエイティビティとは何か
    ○フリーライダーを出さないために

    高校:1年、その他
    単元:グローブ
    学校名:ぐんま国際アカデミー中高等部
    先生名:小田浩之

    「グローブ」映画教育のススメ~映画作りを通じて人間を作る

    映画教育は人間教育!?ドキュメンタリー映画の制作を通し、撮影技術や編集方法の習得ではなく、多くの困難を乗り越え養われる人間的な成長にフォーカスします!成長を促す生徒との向き合い方、指導法は必見です!

    • 高校
    • その他科目
    • グループワーク
  • フィンランドの5月1日「ヴァップ (Vappu)」

    【エッセイ】5月のゴールデンウィークにスタディーツアーでフィンランドに行ってきました。前回、フィンランドの教育NPOであるDare to Learnに関わるようになった経緯について書きましたが、それをきっかけに…