タグ「中学校」の検索結果

  • New
    TO学習(Teaching Others)

    ただの縦割り学習ではない、中島校長先生考案の「TO学習」!自分の学んだことが、人のため、世の中のためになることの体験を通じて、生徒のより深い学びを加速させます!

  • 金蘭会高等学校・中学校・田中好浩先生(中1・キャリア教育)

    自分に振りかかるネガティブな事柄に対して、諦めたり、感情的になってしまったりすることなく良い行動を選択するコツとは?
    世界的ベストセラー「7つの習慣®」の中から、その方法を学びます。

  • 終わりを考えてから始める

    この動画から学べること

    ○演習を活用した動機付け
    ○成功者の事例から具体的な方策を得ること

    中学校:1年、道徳
    単元:終わりを考えてから始める
    学校名:開星中学校
    先生名:多田省吾

    終わりを考えてから始める

    漠然とした「夢」を明確な「目標」に変えていくためのポイント。「人生の設計図」を考えることの大切さを伝える授業です。世界的ベストセラー「7つの習慣®」の中から、その方法を学びます。

    • 中学校
    • 道徳
    • キャリア教育
    • 中国・四国
  • 浜松開誠館中学校・永井靖先生(中3・キャリア教育)

    「自分にはできない…」そんな子ども達のものの見方を、「自分にもできる!」というものの見方に変えていくための授業です。世界的ベストセラー「7つの習慣®」の中から、その方法を学びます。

  • 山形県鶴岡市立鶴岡第一中学校・阿部正道先生・佐賀井隼人先生インタビュー(数学)

    この動画から学べること

    ○『学び合い』の取り組み方、考え方の理解
    ○『学び合い』をスタートするきっかけ
    ○『学び合い』の考え方における授業を行うことで起こる課題への対処法

    中学校:3年、算数・数学
    単元:展開・因数分解
    学校名:鶴岡市立鶴岡第一中学校
    先生名:佐賀井隼人

    山形県鶴岡市立鶴岡第一中学校・阿部正道先生・佐賀井隼人先生インタビュー(数学)

    「もう授業をしたくない」そう思っていた23歳の初任者教員が、アクティブラーニングの実践者へと変わっていった過程を取材しました。若手の先生、指導者・管理職の先生はぜひご覧ください。

    • 新任教員向け
    • 中学校
    • 『学び合い』
    • グループワーク
    • 数学・算数
  • 筑紫野市立二日市中学校・坂田康亮先生インタビュー(理科)

    この動画から学べること

    ○『学び合い』の導入
    ○生徒の「学び」の本質
    ○「交流活動」の可能性

    中学校:3年、理科
    単元:授業ガイダンス
    学校名:筑紫野市立二日市中学校
    先生名:坂田康亮

    筑紫野市立二日市中学校・坂田康亮先生インタビュー(理科)

    【授業プリント付き】『学び合い』を始めようとしている先生は必見!全ての教科で応用できる、『学び合い』授業開きのためのプリント4枚付き。なぜ学ぶのか?どんな大人になりたいのか?『学び合う』意義を3ステップで考えていきます。

    • 中学校
    • 理科
    • 『学び合い』
    • グループワーク
  • やる気を出す教室2016冬 やる気って何だろう?

    この動画から学べること

    ○生徒主体を実行する教員側のあり方
    ○やる気の基本となる具体的な内容(自己認識・ポジティブな思考・目標設定など)
    ○主体的に動きやすい安心安全の場づくり

    中高一貫校:中1、中2、中3、高1、高2、教科外(冬期講習)
    単元:特になし
    学校名:渋谷教育学園渋谷中学高等学校
    先生名:河口竜行

    やる気を出す教室2016冬 やる気って何だろう?

    あの“渋渋”河口先生の「やる気を出す国語教室」を公開!中1~高2生が「やる気の3つのヒミツ」を学びます

    • 中学校
    • 高校
    • HR・学活
    • その他科目
    • グループワーク
    • クイズ形式
    • 発表形式
    • 中1
    • 中2
    • 中3
    • 高1
    • 高2
  • 自ら学びたくなる仕掛けづくり

    この動画から学べること

    ○ICTの活用
    ○生徒間のインタラクティブな活動

    中学校:1年、英語・外国語
    単元:一般動詞
    学校名:開星中学校
    先生名:青木和伸

    自ら学びたくなる仕掛けづくり

    タブレットを活用することで、授業中の添削の時間を大幅削減。生徒の学習効果まで高まるICT活用は全教科で活用可能。ICTを使いたい先生ははぜひ最初にご覧ください。

    • 中学校
    • 英語
    • タブレット
    • グループワーク
    • クイズ形式
    • 発表形式
    • 中1
  • 上越市立安塚中学校・木花一則先生インタビュー(英語)

    この動画から学べること

    ○中学校での『学び合い』英語授業

    中学校:3年、英語・外国語
    単元:3年生 Pro9
    学校名:上越市立安塚中学校
    先生名:木花一則

    上越市立安塚中学校・木花一則先生インタビュー(英語)

    聞く、話す、読む、書く、の4技能を1時間で網羅!タブレットを使いながら、自分たちで学び進める英語授業

    • 英語
    • 中学校
    • 教師としての心構え
    • 発問・対話力
    • 場づくり
    • 中学生向け
    • 『学び合い』
    • 発問・意見発表
    • グループワーク
  • アクティブ・ラーナーを育む部活動

    この動画から学べること

    ○生徒主体の運動部活動の活動への導き方
    ○運動部活動における顧問教師による指導方針の実践例

    高校:部活動
    学校名:開星中学校・高等学校
    先生名:多田省吾

    アクティブ・ラーナーを育む部活動

    監督は芸能マネージャー!? 男子はインターハイ8年連続出場、女子は12年連続出場の強豪テニス部の強さの秘密、練習とミーティングを公開します。部活動顧問の先生は必見です!

    • その他科目
    • 中学校
    • 高校
    • 教師としての心構え
    • 発問・対話力
    • モチベート力
    • 場づくり
    • 発問・意見発表
    • グループワーク
    • リフレクション
  • 全員参加の楽しい授業

    この動画から学べること

    ○前時の振り返り
    ○本時の導入

    中学校:3年、社会
    単元:内閣
    学校名:開星中学校
    先生名:松浦亮

    全員参加の楽しい授業

    楽しいからこそ学びが深まる!全員参加の授業はクラスの規律から。日々の授業と部活、社会に出た後の人間関係はリンクしているという松浦先生の言葉は授業以外のチーム作りにもつながります。

    • 中学校
    • 発表形式
    • グループワーク
    • リフレクション
    • 中3
    • 社会・地歴公民
  • 亘理町立逢隈中学校・岡崎正則先生インタビュー(英語)その1

    この動画から学べること

    ○自分の力に限界を感じている時の生徒の意欲の引き出し方
    ○単元のまとめ方や文法事項の継続的な学び方
    ○「やってみたらうまくいく」安心感と、「これでいいんだ。やってみようかな」という決心

    中学校:2年、英語・外国語
    単元:New Horizon Unit4
    学校名:亘理町立逢隈中学校
    先生名:岡崎正則

    亘理町立逢隈中学校・岡崎正則先生インタビュー(英語)その1

    生徒も楽しく、先生も楽しく、成績が上がる!「絶対にできる」と生徒を信じて任せ、まとめプリントも生徒たちが自分でつくる英語授業。

    • 英語
    • 中学校
    • 教師としての心構え
    • モチベート力
    • 場づくり
    • 中学生向け
    • 『学び合い』
    • 発問・意見発表
  • 明光学園中学校・前川修一先生(中3・公民)その1

    社会科の先生はもちろん、他教科でも実践できる紙芝居プレゼンテーションをご紹介!"求人広告"を活用しながら、たった30字で意見をまとめ、生徒の思考を深堀りします。

  • 明光学園中学校・前川修一先生(中3・公民)その2

    社会科の先生はもちろん、他教科でも実践できる紙芝居プレゼンテーションをご紹介!"求人広告"を活用しながら、たった30字で意見をまとめ、生徒の思考を深堀りします。

  • 文教大学付属中学校・浅沼恭子先生(中2・国語)

    まるでクイズ番組!?まるでコント!?全員参加のエンターテイメント国語授業

  • 富士見町立富士見小学校・中澤純彦先生インタビュー

    この動画から学べること

    ○あるレベルにまで来ると、テーチングではなく、コーチングによって生徒の力は伸びていく様子

    高校:部活動
    単元:
    学校名:聖徳学園高等学校
    先生名:小野和彦

    富士見町立富士見小学校・中澤純彦先生インタビュー

    アクティブラーニングを部活の指導に取り入れた実践例をご紹介。全国大会出場へ導いた目標設定とリフレクション、部内での交流、「自分でこれをするんだ」という意欲の育て方を解説します。

    • 中学校
    • 高校
    • 教師としての心構え
    • モチベート力
    • 場づくり
    • 発問・意見発表
    • HR・学活
  • 説得から納得する授業

    この動画から学べること

    ○「ディベート」に「協働性」を掛け合わせた「コラボベート」という『学び合い』の手法
    ○グループワークにおける役割の指示(学齢や段階に応じて)
    ○生徒が司会進行を担う際の型

    中学校:2年、国語
    単元:「走れメロス」の読解を通して納得度の高い結論を導く
    学校名:桐蔭学園中学校
    先生名:松永和也

    説得から納得する授業

    あの桐蔭学園の国語授業動画を公開!ディベートよりも深い読解力と思考力が身につく『コラボベート』とは?!50分の授業の構成から進め方まで、松永先生が詳しく解説します。

    • 国語
    • 中学校
    • タブレット
    • ロイロノート
    • グループワーク
    • 発表形式
    • 中2
  • 聖徳学園中学校・石田恒平先生インタビュー(美術)

    iPad×美術=ワクワクが止まらない!中1生がここまでできる、美術授業でのアニメーション制作の実践とは?