この動画の本編は無料ログインしてご覧下さい

初めての方はこちら 登録済みの方はこちら

授業見学筑紫野市立二日市中学校・坂田康亮先生(中3・理科) [1分35秒]

【授業プリント付き】『学び合い』を始めようとしている先生は必見!全ての教科で応用できる、『学び合い』授業開きのためのプリント4枚付き。なぜ学ぶのか?どんな大人になりたいのか?『学び合う』意義を3ステップで考えていきます。


『学び合い』を始めて10年の、坂田康亮先生の授業開きを取材いたしました。
授業前半は、4枚のプリントを使いながら、『学び合い』とはどのような授業なのか、何のために学ぶのかを考えていきます。
そして授業後半は、なぞなぞを使って『学び合い』を体験します。

『学び合い』をこれから始めようとされている先生、実践中の先生はもちろん、『学び合い』って何?という先生もぜひご覧下さい。
授業で使った4枚のプリントも、ご共有いただきましたので、ダウンロード下さい。

インタビューでは、坂田先生に今回の授業の設計についてや、授業を通じての気づき、生徒とのエピソードなど、たっぷりお伺いしています。

・なぜ、授業開きでは理科の問題ではなく「なぞなぞ」にした方がいいのか?
・なぜ、坂田先生は10年前に一斉授業から『学び合い』へとシフトしたのか?
・一斉授業では15分で居眠りしていた生徒が、『学び合い』では50分間起きて授業に参加!授業後には「今日は頭を使って、疲れたー!」と言いに来た。その時、坂田先生が気づいたこととは?
・10点も取れなかった男子生徒が85点を取った!その時、クラス全員から拍手と歓声が上がったとき、ある女子生徒がとった行動とは?

などなど、ぜひ、ご確認ください!

本動画はダイジェスト動画です。
動画音声テキストはございません。...

ログインするとおすすめコメントをすることができます

もっと見る