タグ「発表形式」の検索結果

  • New
    TO学習(Teaching Others)

    ただの縦割り学習ではない、中島校長先生考案の「TO学習」!自分の学んだことが、人のため、世の中のためになることの体験を通じて、生徒のより深い学びを加速させます!

  • New
    「Co+work 自律・協働・創造」

    「自律」「協働」「創造」という3つの力を育む明石工業高等専門学校のPBL!3学年(2~4年生)・全学科から無作為に選ばれた8~9人チームで、1年間のプロジェクトを遂行します。

  • 筑西市立下館小学校・鈴木智博先生インタビュー(特別活動)

    【すぐに使えるツール付き!】学級会をレベルアップ!議題の提案から話し合いの準備、実際に話し合うステップまでがフルパッケージで仕組化された、児童が作る学級会です。

  • 古河市立大和田小学校・山中健佑先生インタビュー(算数)

    プログラミングソフトを使って図形の性質や特徴を学ぶ、算数の授業です。ペア、グループで対話をしながらプログラミングを進め、論理的思考力を育みます。

  • 論文ワークショップ

    この動画から学べること

    ○探究活動における参考文献の学び方
    ○探究活動におけるワークショップの活性化の方法
    ○ワークショップの展開方法

    高校:1年、その他
    単元:論文ワークショップ
    学校名:東京都立科学技術高等学校
    先生名:森田直之

    論文ワークショップ

    “エレベーターピッチ”でプレゼンテーション力を伸ばす!
    どの教科でも使える、グループワークで全員が積極的に参加するようになるシンプルな方法は必見です。

    • 高1
    • プレゼンテーション
    • コミュニケーション
    • 高校
    • 国語
    • 理科
    • その他科目
    • グループワーク
    • 発表形式
  • 古文の授業でのアクティブ・ラーニング「先生から見たAL」

    地獄のアクティブ・ラーニング!? ALを始めて2年が経った生徒たちが、初めて本音を語ります。

  • 常葉大学大学院・久米昭洋先生(初等教育高度実践研究科)

    “未来の先生”がアクティブ・ラーニング授業を体験的に学ぶ、教職大学院の講義を公開!
    「ICT技術を活用した授業づくり」というテーマを用いて、「知識構成型ジグソー法」のポイントを学んでいきます。

  • 教室発⇒未来行き!~意志が芽生える学びの時間~

    この動画から学べること

    ○PBL(Problem Based Learning)の取り組み方
    ○複数対話型のプレゼンテーション方法
    ○クリエイティブな学習活動

    小学校:6年、国語
    単元:意見を聴き合って考えを深め、新しいアイデアを生み出そう
    学校名:宝仙学園小学校
    先生名:加藤朋生

    教室発⇒未来行き!~意志が芽生える学びの時間~

    震災遺構の保存派と撤去派が両方納得する仕組みを考えよう!他チームのプレゼンを聞き、自分のチームのプロジェクト案と掛け合わせてより良い第三案を練り上げる、白熱のプロジェクト型国語授業

    • 小学校
    • 国語
    • タブレット
    • グループワーク
    • 発表形式
    • 小6
  • 県立広島大学・松本拓也先生、三苫好治先生、西村和之先生(生命環境学部)

    大学1年次の導入教育で、将来につながる学びの土台を作る! 卒業後に働く自分をイメージすることで、逆算して身に付けるべき知識やスキルを明確にし、濃密な4年間の下地を作るアクティブ・ラーニング型基礎セミナー

  • 東京都立両国高等学校附属中学校・布村奈緒子先生インタビュー(英語)

    留学経験もないのに、どうしてこんなに話せるの?教師も生徒も英語だけ!チームで課題を分析し、解決策を考え提示する活動を通して、英語での課題解決力とコミュニケーション力を伸ばす都立両国高校のすごい英語授業

  • 昭和女子大学・緩利誠先生 後編 (大学・教職課程)

    桐蔭学園・松永先生×教育学者・緩利先生×教員志望の学生10人!後半は、学生考案のAL授業をさらにブラッシュアップしていきます。

  • 昭和女子大学・緩利誠先生 前編 (大学・教職課程)

    桐蔭学園・松永先生×学生たち×教育学者・緩利先生 教員志望の彼女たちのALについての疑問に答えます!

  • やる気を出す教室2016冬 やる気って何だろう?

    この動画から学べること

    ○生徒主体を実行する教員側のあり方
    ○やる気の基本となる具体的な内容(自己認識・ポジティブな思考・目標設定など)
    ○主体的に動きやすい安心安全の場づくり

    中高一貫校:中1、中2、中3、高1、高2、教科外(冬期講習)
    単元:特になし
    学校名:渋谷教育学園渋谷中学高等学校
    先生名:河口竜行

    やる気を出す教室2016冬 やる気って何だろう?

    あの“渋渋”河口先生の「やる気を出す国語教室」を公開!中1~高2生が「やる気の3つのヒミツ」を学びます

    • 中学校
    • 高校
    • HR・学活
    • その他科目
    • グループワーク
    • クイズ形式
    • 発表形式
    • 中1
    • 中2
    • 中3
    • 高1
    • 高2
  • 自ら学びたくなる仕掛けづくり

    この動画から学べること

    ○ICTの活用
    ○生徒間のインタラクティブな活動

    中学校:1年、英語・外国語
    単元:一般動詞
    学校名:開星中学校
    先生名:青木和伸

    自ら学びたくなる仕掛けづくり

    タブレットを活用することで、授業中の添削の時間を大幅削減。生徒の学習効果まで高まるICT活用は全教科で活用可能。ICTを使いたい先生ははぜひ最初にご覧ください。

    • 中学校
    • 英語
    • タブレット
    • グループワーク
    • クイズ形式
    • 発表形式
    • 中1
  • 武雄市立武内小学校・千々岩宏幸先生インタビュー(道徳)

    教育先進都市・佐賀県武雄市の道徳授業は演劇を取り入れる!?オランダの最先端教育についてお話をお伺いしました。

  • 三浦学苑高等学校・佐々木綱衛先生(高1・現代文)「アクティブ・ラーニング春夏秋冬・冬篇」

    【ついに完結!ALドキュメンタリー】アクティブ・ラーニングに初めて出会った生徒たちの1年間の成長の軌跡

  • 徳山大学・柚洞一央先生(経済学部)

    「雑談」で社会を変える!? 雑談を通して地域の課題を見つけ、解決の方法を探る「地域ゼミ」の活動

  • 徳島大学・内藤直樹先生(総合科学部)

    学ぶことにどんな価値があるのかを知ると、学生は勝手に学ぶ!地域の過疎化と鳥獣被害を食い止めるために、学んだ知識をフル活用して狩猟採集ビジネスを考える「課題発見ゼミナール」を取材しました