新着順

  • アクティブで深い学びのデザイン Week4 アクティブ・ラーニングのためのカリキュラム・マネジメント

    「アクティブで深い学びのデザイン」講座。第4週は「アクティブ・ラーニングのためのカリキュラム・マネジメント」より、その必要性や基礎的な考え方など、新学習指導要領を踏まえて理解を深めます!

  • アクティブで深い学びのデザイン Week5 教師自身のアクティブ・ラーニング

    「アクティブで深い学びのデザイン」講座。第5週は「教師自身のアクティブ・ラーニング」より、アクティブ・ラーニングを進めていく上での教員の学びを、研修にフォーカスを当て考えていきます!

  • アクティブで深い学びのデザイン Week6 アクティブ・ラーニングの実践を持続的に発展させるために

    「アクティブで深い学びのデザイン」講座。第6週は「アクティブ・ラーニングの実践を持続的に発展させるために」より、そのポイントとなる留意点や条件を、多面的に検討しながらまとめていきます!

  • Learn for Life 2018 基調講演

    北欧・デンマークより初来日したウッヘ・エルベク氏が、人生100年時代への備えについて語ります!子どもたちが養うべき4つの能力。そして、教育者が考えておかねばならない問いとは?

  • 金子 暁 先生(広尾学園中学校・高等学校):iTeachersTV 〜教育ICTの実践者たち〜

    教育ICT実践プレゼンテーション、今回のスピーカーは広尾学園中学校・高等学校の金子 暁先生。プレゼンタイトルは『広尾学園にとってのICT環境とは何か』です。

  • 教科横断型授業:英語×生物 ~つながることのUMAMI~

    この動画から学べること

    ○教科横断型授業への取り組み方
    ○「英語で授業」の取り組み方
    ○ジクソー法の取り組み方

    高校:2年生、英語・外国語
    単元:Umami
    学校名:西武学園文理高等学校
    先生名:土屋進一

    教科横断型授業:英語×生物 ~つながることのUMAMI~

    英語を学ぶでなく、英語“で”学ぶ【英語✕生物】の教科横断型授業!「英語で新たな知識を得られた!」「他の知識とのつながり・関連性に気づけた!」そんな興味関心を引き出す授業を、指導案とともに学べます!

    • 高校
    • 英語
    • 理科
    • ジグソー法
    • グループワーク
  • 褒められるために学び、批判されるために学ぶ授業

    プレゼン形式のアクティブ・ラーニング型授業で、生徒を本気で成長させたい先生必見!プレゼンの前提を覆す「呼び込み」!本気の「批判」と「褒め」の応酬で、当たりさわりない発表会から抜け出す方法お伝えします!

  • 小谷 隆行 先生(近畿大学附属高等学校):iTeachersTV 〜教育ICTの実践者たち〜

    教育ICT実践プレゼンテーション、今回のスピーカーは近畿大学附属高等学校の小谷 隆行先生。プレゼンタイトルは『板書をやめたら授業が変わった!〜セミ反転授業の可能性を探る〜』です。

  • 地域活性化プロジェクト~高校生の企業連携キャリア教育~

    プロジェクションマッピングでキャリア教育!? 生徒のやりたい!を実現させた地域と学校の連携事例をご紹介!外部とのつながり方から企画実行に至るまで、具体的な流れ+ポイントも一緒に学んでいただけます!

  • 『学び合い』を体験しよう(福島哲也先生/追手門学院大手前中高等学校)

    先生自身が『学び合い』の可能性に気づき、明日の授業でどんな仕掛けをしようか楽しみになる特別講座!福島先生の『学び合い』の徹底解説で、課題の具体例、授業中の振る舞い方など、知りたい事はすべて知れます!

  • 和田 一将 先生(東京成徳大学中学校):iTeachersTV 〜教育ICTの実践者たち〜

    教育ICT実践プレゼンテーション、今回のスピーカーは東京成徳大学中学校の和田 一将先生。プレゼンタイトルは『21世紀型スキルを伸ばす教育について考えてみよう』です。

  • 5年かかって辿り着いた『学び合い』

    この動画から学べること

    ○『学び合い』に対する考え方の変遷
    ○高校(進学校)で『学び合い』を行う際のポイント
    ○授業中の生徒達の様子

    高校:2年、社会
    単元:地理B
    学校名:ぐんま国際アカデミー中高等部
    先生名:桐生朋文

    5年かかって辿り着いた『学び合い』

    学級作りと成績向上を両立させる『学び合い』!実践からわずか3ヶ月で、生徒たちを変え始めたその裏には、取り組みへの迷い・葛藤がありました。同じ悩みを持つすべての先生へ、現状を打開するヒントをお届けします!

    • 高校
    • 社会(地歴公民)
    • 『学び合い』
    • グループワーク
  • 北海道高校英語プレゼンテーションコンテスト

    【エッセイ】2018年5月20日(日)北海道札幌市の北星学園大学にて、「第6回全道高等学校英語プレゼンテーションコンテスト」が開催されました。昨年に続き、今年も審査員としてお声がけいただき参加してきました。

  • フィンランドの5月1日「ヴァップ (Vappu)」

    【エッセイ】5月のゴールデンウィークにスタディーツアーでフィンランドに行ってきました。前回、フィンランドの教育NPOであるDare to Learnに関わるようになった経緯について書きましたが、それをきっかけに…

  • 「グローブ」映画教育のススメ~映画作りを通じて人間を作る

    この動画から学べること

    ○グループワーク
    ○クリエイティビティとは何か
    ○フリーライダーを出さないために

    高校:1年、その他
    単元:グローブ
    学校名:ぐんま国際アカデミー中高等部
    先生名:小田浩之

    「グローブ」映画教育のススメ~映画作りを通じて人間を作る

    映画教育は人間教育!?ドキュメンタリー映画の制作を通し、撮影技術や編集方法の習得ではなく、多くの困難を乗り越え養われる人間的な成長にフォーカスします!成長を促す生徒との向き合い方、指導法は必見です!

    • 高校
    • その他科目
    • グループワーク
  • 小張 敬之 先生(青山学院大学):iTeachersTV 〜教育ICTの実践者たち〜

    教育ICT実践プレゼンテーション、今回のスピーカーは青山学院大学の小張 敬之先生。プレゼンタイトルは『ICT/Mobile Technology を利用した英語・世界観教育 -Dominus illuminatio mea-』です。

  • 探究ナビゲーター講座・イントロダクション

    「探究ナビゲーター講座」では、あのモンテッソーリ教育を参考に、子どもたちの探究心・好奇心を引き出す手法を徹底解説していきます!子どもと接する際の3つのステップは、学級運営や生徒指導に活用可能!

  • 嶋 哲昭 先生(石川県立ろう学校):iTeachersTV 〜教育ICTの実践者たち〜

    教育ICT実践プレゼンテーション、今回のスピーカーは石川県立ろう学校の嶋 哲昭先生。プレゼンタイトルは『ろう学校でのICTを活用した実践について』です。