プレミアム動画

この動画の本編は無料ログインしてご覧下さい

初めての方はこちら 登録済みの方はこちら

イベント第2回『アクティブ・ラーニングフォーラム』パネルディスカッション [10分1秒]

学校教育、意味あるの?学校は一体何のために存在するのか、元Google Japan代表の村上氏と学校現場の先生が語る
 
 
「学校と社会はどう繋がっていくべきか?」
「社会準備のために何をするべきか?」
「学校、企業がすぐにできる具体的なことは何か?」
 
学校教育、意味あるの?そんな議論が持ち上がっている今。
学校は一体何のために存在するのか、元Google Japan代表の村上氏と学校現場の先生が語ります!

羽根 拓也氏(以下、羽根) 今日は、中学校は中学校、高校は高校、大学の先生方、それぞれの今やっていらっしゃるアクティブ・ラーニングをご紹介いただいたのですが、今回は村上さんに来ていただきましたので、最後はパネルディスカッションでお話をしたいと思っています。

事前にパネラーの皆さんに振らせていただいているのですが、「学校と社会はどう繋がっていくべきですか?」というテーマです。

学校はいったい何のために存在するのか?もちろん社会に出る人材を準備しているという言い方がありますが、最近よく、学校教育は意味があるのか、役に立たないではないかと言う人たちがいます。ですから最近では、TOEICなどの英語の試験をやったり、簿記の試験をやったりしている国立大学が出てきています。



そうすると今度は、「いや、それは専門学校でやることであって、せっかくアカデミックの場所...

文字コンテンツの続きを読むには…

ログインするとおすすめコメントをすることができます

もっと見る