いじめの早期発見と、弁護士が説くいじめ問題への対処法とは

2017年の重大ニュースにも取り上げられた「座間市9遺体事件」は、まだ皆さんの記憶にも新しいところではないでしょうか。

いじめやトラブルによって、精神的に追い込まれた若者たちが、SNS上で「死にたい」と発したことから、事件に巻き込まれてしまった一件。
社会に大きな衝撃は与えたのはもちろん、教育という側面からも、被害にあった9名の内4名が10代後半の子どもだったこともあり、決して他人事では受け止められなかったのではないでしょうか。

今回は、その「死にたい」と言わせてしまう原因にもなった、いじめやトラブルに対し、学校内でより早期に発見するための取り組みや、いじめがあると発覚した後の対処法をお伝えしていきます。

■「2017年 重大ニュース」を発表!全国1,000名に調査。 | 市場調査メディア ホノテ by Macromill ...

テキストの続きを読むにはプランのアップグレードが必要です。

さらに表示する

このコンテンツを見た人におすすめの動画

学校導入版Find!アクティブラーナー

関連タグ

ランキング

新着