プレミアム動画

このコンテンツは、プレミアムコンテンツです。

プレミアム見放題・読み放題プランダイヤモンドプランに登録することで視聴することができます。

教務力向上00.ペップトークとは [1分42秒]

オリンピックにも派遣され選手の力を引き出す専門家が、生徒を前向きにする声かけのポイントを解説!


なぜ、生徒に「負けるな」と 言ってはいけないのか?

生徒たちの主体性を引き出し学習効果を高めるためには、授業の進め方はもちろんのこと、先生の声かけの仕方や言葉選びも、とても大切ですよね。

ロサンゼルスオリンピック、バルセロナオリンピックでトレーナーとして派遣された岩崎由純氏は、選手の力を最大限引き出す「ペップトーク」の専門家。

今回は、岩崎先生に、生徒を前向きにする声かけや言葉選びのポイントを解説して頂きました。

【岩崎先生に関しまして】

講演依頼・お問い合せはこちら

書籍はこちら

日本ペップトーク普及協会
会長

岩崎由純 先生

『ペップトーク』(スポーツ選手を励ます、短い激励メッセージ)をアメリカのスポーツ現場で学び、日本で普及させている第一人者。

岩崎由純 先生の動画一覧

ペップトーク=前向きな背中の一押し

岩崎 由純氏 皆さんこんにちは、日本ペップトーク普及協会の岩崎由純と申します。皆さんはペップトークをご存知ですか。ペップというのは、「PEP」と書きまして、英語で「元気」とか「活力」という意味の英単語です。それに「トーク」がついて、「ペップトーク」となると、「励ましの言葉」という意味になります。

私が長く関わってきたスポーツ界でペップトークというと、もう少し狭い意味を表します。試合が始まる直前のロッカールームで、監督やコーチ、学校の場合だったら先生方が、本番に向かう選手や生徒に対して、「さあ行って来い」と激励のショートスピーチをされると思います。それがペップトークです。

文字コンテンツの続きを読むには…

ログインするとおすすめコメントをすることができます

もっと見る