プレミアム動画

この動画の本編は無料ログインしてご覧下さい

初めての方はこちら 登録済みの方はこちら

教務力向上1.プロローグ [1分14秒]

文部科学省において「英語教育の在り方に関する有識者会議」が行われ、それを受けて、戦後最大とも言える英語教育の大改革が行われます。

その改革の目玉は、大学入試への4技能試験の導入です。

今、なぜそうする必要があるのか?
どうして2技能ではだめなのか?

東進ハイスクールで長い間受験生を指導し、さらに、文科省の委員として今回の改革での旗振り役をつとめた講師が、現場からの声を伝えます。

※こちらの映像についてはあくまでも先生方の学習用としてご提供いただきました。
 そのため生徒もしくは学生に直接お見せすることはくれぐれもお控えください。

東進ハイスクール・ビジネススクール

安河内 哲也 先生

東進グループにて、英語を25年間教え続けている。受験英語の在り方に疑問を唱え、実用英語を学ぶ重要性を主張してきた。(一財)実用英語推進機構の代表理事として、様々な公益活動を行う。文部科学省「英語教育の在り方に関する有識者会議」「東京都英語村に関する有識者会議」委員を務める。
2014年ICEE(国際コミュニケーション検定)優勝
(社)使える英語普及協会 理事
(一財)実用英語推進機構 代表理事
東進ハイスクール・東進ビジネスクールのネットワーク、及びTOEIC運営委員会や英語検定協会での講演活動を通じ、実用英語教育の普及活動をしている。
特に各種4技能試験の普及活動にも熱心に取り組んでいる。文部科学省の審議会において委員を務め、大学入試への4技能試験導入に向けて活動中。
教え子たちは、難関大学に多数合格するだけでなく、英語教育や国際交流、ビジネスの場で多く活躍している。

安河内 哲也 先生の動画一覧

安河内 哲也氏 みなさんこんにちは、安河内哲也です。今回は、3つのことについてお話させていただきたいと思います。まず1番目は、文部科学省から英語教育の改革に関する5つの提言が出ましたが、これについて分かりやすく解説させていただきたいと思います。

2番目には、日本の英語教育がうまくいっていない、その原因は何なのかについてです。よく、日本の英語教育はガラパゴス英語教育だと言われます。どうしてこんなことになってしまったのか。そもそも、改革をしなければならない理由とは、いったい何だったのかということについて、お話させていただきたいと思います。



この改革が行われると、英語の教育...

文字コンテンツの続きを読むには…

ログインするとおすすめコメントをすることができます

もっと見る