プレミアム動画

このコンテンツは、プレミアムコンテンツとなります。

有料プランに登録することで、視聴することができます。

プレミアムコンテンツについて

教務力向上01.シネマ・アクティブ・ラーニングとは

映画が教育とコラボ!?
~社会人基礎力を映画制作で育む「シネマ・アクティブ・ラーニング」とは?~


下北沢成徳高等学校・静岡県立韮山高等学校・日本航空高等学校など数々の学校でワークショップを実施。

法務省主催の人権シンポジウムでも講演した映画監督の古新舜(こにいしゅん)氏が、 大手予備校時代から実践してきたアクティブ・ラーニングと、 現在の活動である映画制作をコラボさせた教育手法を大公開。

独自で開発・提唱し、多くの学校から注目されているシネマ・アクティブ・ラーニングについて解説します。


※本授業動画は5本分割構成となっております。01.シネマ・アクティブ・ラーニングとはからご覧ください。

古新 舜氏 皆さん、こんにちは。映画監督・コミュニケーションデザイナーの古新舜と申します。本日は、私が全国で展開しているワークショップ「シネマ・アクティブ・ラーニング」の第1回目をお届けしたいと思っています。タイトルは、「学生と教師が共に学びを楽しむ発想法」です。



こちらの画像は、私の撮影風景です。監督として、現場で俳優さんやスタッフに指示をしています。映画を作る際、色々な身分や肩書き、年齢の方々が集まって、色々なトラブルや困難を乗り越えながら、1つの作品を完成させていきます。

私は、違う属性の人たちと一緒にものを作り上げていく難しさや工夫など、様々なことを学びました...

ログインするとおすすめコメントをすることができます

もっと見る