プレミアム動画

このコンテンツは、プレミアムコンテンツです。

プレミアムプランに登録することで、視聴することができます。

プレミアムプラン・視聴登録について

プレミアム動画映画の手法を用いた体感型「シネマ・アクティブ・ラーニング」 [10分34秒]

2015年11月27日・28日に開催された、第2回アクティブラーニングフォーラムの二日目の映像になります。

こちらは、講演3、古新舜氏による

映画の手法を用いた体感型「シネマ・アクティブ・ラーニング」

です。

こちらは3本構成になっております。

1本目は無料でご覧いただけます。


古新 舜 氏 / 映画監督/コミュニケーションデザイナー/コスモボックス株式会社・代表取締役

早稲田大学理工学部応用物理学科卒業 同大学院国際情報通信研究科修了 デジタルハリウッド大学大学院デジタルコンテンツ研究科修了(DCM修士)
23歳から映画の業界に入り、埼玉県川口市SKIP CITYにてハイビジョンの映画制作を先駆的に習得。早稲田大学大学院に進学。
新作短編映画「洗濯機は僕らを回す」で長岡インディーズムービーコンペティション「グランプリ」、いばらきショートフィルム大賞「奨励賞」と、過去の作品含めのべ30以上の映画祭で受賞・入賞を果たしている。法務省主催の「人権シンポジウム」講演、週刊エコノミスト「問答無用」インタビュー、「『アクティブ・ラーニング』フォーラム2015」登壇などメディア出演や講演会活動を積極的に行うと共に、学生や社会人向けにコミュニケーション力を育む“映画×アクティブ・ラーニング”ワークショップ「シネマ・アクティブ・ラーニング」を全国で展開している。 

古新 舜氏(以下、古新) はじめまして、映画監督の古新舜と申します。本日は映画を絡めたアクティブ・ラーニングについて、発表させていただきたいと思います。



本日は三部構成になっています。まず、私が映画を通じて各大学や高校、小中学校、自治体でやっている取り組みの実績紹介をさせていただきたいと思います。

その後、ワークショップを2つ開催します。1つは、課題発見力を養うワークショップです。映画の内容なので、動画をみながら皆さんに考えていただきたいと思います。

もう1つは、映画の脚本の理論を使って、想像力を養っていただくワークショップです。普段映画をつかって学ぶ機会はなかな...

文字コンテンツの続きを読むには…

ログインするとおすすめコメントをすることができます

もっと見る