プレミアム動画

この動画の本編は無料ログインしてご覧下さい

初めての方はこちら 登録済みの方はこちら

教務力向上1.プロローグ [1分]

新指導要領は、英語の先生方に対して「英語で授業をすることを基本とする」よう求めています。

とはいっても、これまでの日本語解説中心の英語授業をどのように、英語で行う授業にかえていけばよいのでしょうか?

実は私も少し前まで、日本語で解説する授業をしていました。

しかし、現在は試行錯誤の末、英語で生徒の活動を中心とする授業を行っています。

この講義では、私の体験を通じて英語の先生方がどのように最初の一歩を踏み出せばよいのかを解説いたします。


講師 : 東進ハイスクール・ビジネススクール 安河内 哲也 氏

東進グループにて、英語を25年間教え続けている。受験英語の在り方に疑問を唱え、実用英語を学ぶ重要性を主張してきた。(一財)実用英語推進機構の代表理事として、様々な公益活動を行う。文部科学省「英語教育の在り方に関する有識者会議」「東京都英語村に関する有識者会議」委員を務める。

2014年ICEE(国際コミュニケーション検定)優勝
(社)使える英語普及協会 理事
(一財)実用英語推進機構 代表理事

1967年
福岡県北九州市生まれ。
東進ハイスクール・東進ビジネスクールのネットワーク、及びTOEIC運営委員会や英語検定協会での講演活動を通じ、実用英語教育の普及活動をしている。
特に各種4技能試験の普及活動にも熱心に取り組んでいる。文部科学省の審議会において委員を務め、大学入試への4技能試験導入に向けて活動中。
TOEICスコアは1390点満点 (LR+SW)。
帰国子女でもなく、長期留学経験もないが、独自の音読自動化学習法で英語を習得した。

2014年
国際コミュニケーションの頂上決戦 ICEE で優勝。
安河内式トレーニングに基づいて英語を習得した教え子たちは、難関大学に多数合格するだけでなく、英語教育や国際交流、ビジネスの場で多く活躍している。

[執筆活動]
現在は英文ノベルのみに集中。参考書や一般書の執筆は休止している。英文ノベル以外にも、これまで、ベストセラービジネス書(「勉強の手帳」(あさ出版)「できる人の教え方」(中経出版)等)、及び参考書を多数執筆した。発行部数は350万部を超える。これらは、韓国・中国・台湾・タイでも、多数翻訳され出版された。

[趣味]
自転車、マジック、映画、音楽、クイズ。韓国語も大好き。

話せる英語、使える英語を教えることを重視している。子供から大人まで、誰にでもわかるよう難しい用語を使わずに、英語を楽しく教えることで定評がある。

安河内 哲也氏(以下、安河内) 皆さん、こんにちは。安河内哲也です。英語で授業をしなくてはいけなくなったということで、私たち英語を教える人も大変ですが、この講義では、

How to teach English in English and the all technics I created.

私が開発した全てのテクニックを余すところなく全部、ここでお教えします。

日本人がシャイだから英語がしゃべれないなんていうのは嘘です。やり方の問題です。やる人が下手だったらしゃべれませんが、やる人が上手かったらしゃべれるのです。そのやり方、これを全てこの授業の中で皆さんにお教えしますので、ぜひ、ここで私がシェアする全てのテクニックを使って、生徒たちが大いに盛り上がるスピーキングの授業を構築していただければと思います。それでは、さっそく始めましょう。

...

ログインするとおすすめコメントをすることができます

もっと見る