この動画の本編は無料ログインしてご覧下さい

初めての方はこちら 登録済みの方はこちら

有識者講演レジリエンス教育の今とこれから [1分7秒]

子どもたちを幸せにする「ポジティブ教育」とは何か?第一人者のボニウェル博士が、その歴史と、ブータンやシンガポール、フランス、イギリスなど世界での実践事例、研究結果を紹介します


「子どもに最も望むものは何か?」
という質問に対して、ほとんどの親や先生は「人生の幸せ」と答えるでしょう。

しかし、通常の学校教育では、人生の幸せについて教えるカリキュラムはありません。
人生は学校が教えるよりもはるかに複雑で、難しいものです。
失恋や失業、志望校不合格など、準備ができていないことがたくさん起こりますし、メンタルヘルスの問題も増加しています。

こういった状況で、私たちに何ができるでしょうか。
「ポジティブ教育」に、そのヒントがあります。

欧州におけるポジティブ心理学の第一人者であるイローナ・ボニウェル博士が、子どもたちを幸せにする「ポジティブ教育」の歴史と、ブータンやシンガポール、フランス、イギリス、オーストラリアでの実践例を紹介します。


イローナ・ボニウェル氏
博士(心理学)
一般社団法人 日本ポジティブ教育協会 顧問
仏・ScholaVie共同設立者
英・アングリアラスキン大学大学院 国際応用ポジティブ心理学修士課程 主任ディレクター

本動画はダイジェスト動画です。
動画音声テキストはございません。...

ログインするとおすすめコメントをすることができます

もっと見る

関連タグ