この動画の本編は無料ログインしてご覧下さい

初めての方はこちら 登録済みの方はこちら

イベントアクティブラーナーになろう!01 [8分14秒]

教育のノーベル賞!グローバルティーチャー賞を日本人ではじめて受賞した高橋一也先生が、世界から評価された教育手法や根底にあるアクティブラーナーを育んでいくために大事なことを語ります


高橋一也先生は、アメリカに留学し「インストラクショナル・デザイン」を研究。
その経験とメソッドを活かして、生徒たちが夢中になる様々な授業手法を開発し、精力的に生徒を指導されています。

そしてその活動が評価され、2016年、教育界のノーベル賞と言われるグローバルティーチャー賞のトップ10に日本人で初めて選ばれました。


本講演では、
アクティブラーナーを育てるために日本の教育はどうすればいいのか?
日本の教育の問題の本質は何なのか?
大学入試改革の本質的課題とは?
といったことを、世界の難関大学の入試問題やハワードガードナーの多重知能理論から紐解いていきます。

2017年4月23日早稲田大学大隈記念講堂で行われた、アクティブラーナーズフォーラム&チャレンジカップ2017グランプリ決定戦での講演です。

司会者 それでは、教育のノーベル賞と呼ばれるグローバルティーチャー賞を、日本人ではじめて受賞された工学院大学附属中学校高等学校の高橋一也先生が講演をしてくださいます。高橋先生は、世界8000人の中からグローバルティーチャーベスト10に選ばれました。

先生には、世界から評価された教育手法はもちろんのこと、その手法を生み出された根底にあるアクティブラーナーを育んでいくために大事なことについて、お話いただきます。

この教育手法やお考えは、児童や生徒と接する教育関係者の皆様はもちろん、部下の育成や保護者の方々にもためになるお話です。それでは、高橋先生よろしくお願いします。

ログインするとおすすめコメントをすることができます

もっと見る