この動画の本編は無料ログインしてご覧下さい

初めての方はこちら 登録済みの方はこちら

イベントICT活用を中心とした古河市のアクティブ・ラーニング Vol.1 [9分56秒]

タブレットもパソコンもいらない!?教育最優先の町、茨城県古河市のアンプラグド(電源不要)なプログラミング教育を紹介。論理的思考を育成する「10のつなぎ言葉」は、作文や数学にも使えます


512億円の市の予算の内57億円が教育予算という、教育最優先の町、茨城県古河市。
ここで先進的に取り組まれているICT教育と、論理的思考力を育む取組み、そして、プログラミング教育についてお話いただきました。

小学校6年間で論理的思考スキルが身につく「10のつなぎ言葉」というオリジナルのシートを使って学んだ子どもたちは、6年生になると自分の考えをものの5分でさっと120文字にまとめ、堂々と発表できるようになるそうです。

また、タブレットもパソコンも不要な、アンプラグドなプログラミング教育については、「プログラミング教育の本質がわかった」と来場された先生方が深く納得されていました。

特に小学生の教育に関わる方はぜひご覧ください。


(来場者コメントの一部をご紹介します)
「10のつなぎ言葉を使って説明する力を養うこと、とても重要なことだと思いました。作文や数学の授業に使えるツールとして、面白く、興味深いものを紹介していただきました」(神奈川 公立中学校 教諭)

「市町村をあげて、ALへの取り組みをされていることに驚かされました。また、10のつなぎ言葉やプログラミング等、すぐにでも実践できる実例ありがとうございました。」(東京 公立中学校 教諭)

「プログラミング“で”学ぶ、が印象的でした。具体的な講話がとても参考になりました。」(茨城県 教育庁 指導主事)

森田 泰司氏 皆さん、こんにちは。茨城県古河(こが)市教育委員会教育部で指導課長の森田と申します。今日はこのような機会を与えていただきまして、本当にありがとうございます。

スナップショット 1 (2017-10-18 1-05)

今日は、古河市で先進的に取り組んでいるICT教育についてお話しさせていただきます。現在モデル校では、児童1人につきタブレットを1台ずつ導入しています。また、先進的に取り組んでいるプログラミング教育を中心にお話をさせていただきたいと思います。

アクティブ・ラーニングという言葉は古河市では使っておらず、主体的・対話的で深い学びとも言わ...

ログインするとおすすめコメントをすることができます

もっと見る