アクティブ・ラーニング型授業を、形にとらわれず実践するには

「アクティブ・ラーニングの形や手法にとらわれて、ただ行うことだけが目的になっている」
そんな指摘を受け、アクティブ・ラーニング型授業に対し身構えてしまっている方は多いのではないでしょうか。

しかし、この言葉自体「アクティブ・ラーニング型授業は、本質を掴まねば実施していはいけない」という意味ではありません。「行うことが目的にならない」ために何が必要か、当サイトに掲載されている先生方も取り上げながらご紹介していきます。

形から入るタイプ、準備をしてから始めるタイプ


物事を新しく始める際に、皆さんは「形から入ってまず始める」タイプと「入念に準備してから取り掛かる」タイプのどちらになるでしょうか。
どちらが良い悪いといった話ではありませんが、物事への取り組み方には個人によって違いがあります。

もちろん、アクティブ・ラーニング型授業の始め方に...

テキストの続きを読むにはプランのアップグレードが必要です。

さらに表示する

このコンテンツを見た人におすすめの動画

学校導入版Find!アクティブラーナー

関連タグ

ランキング

新着