この動画の本編は無料ログインしてご覧下さい

初めての方はこちら 登録済みの方はこちら

授業見学埼玉県志木市立宗岡第二小学校・鈴木智久先生(小1・国語) [59秒]

一人の学びになりがちな「作文」に『学び合い』を入れることで、「相手を喜ばせたい」「助けになりたい」という思いが生まれ、学びが加速していきます。先生の語りにも注目です。


入学直後の4月から『学び合い』を実践している鈴木先生のクラス。
約1年後の3月7日に、授業の様子を取材させていただきました。

前時に書いた文章を、お互いに見せあいっこ。
正しい文章が書けているかを、チェック項目に沿ってお互いに確認していきます。

チェックする人は、間違いに気づいてあげられないと相手の為にならないので、一つ一つの項目について一生懸命に確認して、間違っているところは赤で直します。そして、できているところは、「字、きれいだね!」「漢字は書けているね!」ときちんと認めます。

文章を書いた人は、一生懸命に書いたものを友達に見てもらって、誇らしげだったり、指摘されて悔しそうだったり……でもやっぱり、なんだか嬉しそう。

文章を書くことは、一人の学びや、先生との一対一のやり取りだけになりがちですが、そこに『学び合い』を入れることで、『相手を喜ばせたい』や『助けになりたい』、という思いが生まれ、学びが加速していくと鈴木先生はおっしゃいます。

でも実は、今回の授業は一番いい授業に比べると、集中できていない部分もあったようです。そんなとき、先生はどうするのか? 子どもたちを信頼して語りかける鈴木先生の言葉、背景にある想いにもぜひご注目ください。

本動画はダイジェスト動画です。
動画音声テキストはございません。...

ログインするとおすすめコメントをすることができます

もっと見る