この動画の本編は無料ログインしてご覧下さい

初めての方はこちら 登録済みの方はこちら

授業見学東京都八王子市立弐分方小学校・田島孝彦コーチ(小1・体育) [1分19秒]

長年トップアスリートのトレーニングに携わってきたプロフィジカルコーチ田島孝彦氏による、八王子市立弐分方小学校1年生に体育の特別授業を取材しました。

人は2歳児くらいから運動神経系が発達し始め、小学生の間に発達のピークを迎えるそうです。この時期に、運動神経、基礎的運動スキルを養っておくことで、後々、スポーツで活躍できたり、思うように体が動かせたりする、いわゆる「運動神経のいい人」に成長していくことができるのです。

授業では、運動神経を伸ばす7つの要素が組み込まれている『コーディネーション』というトレーニングを行っていきます。

トレーニング、というと、退屈で難しそうな印象があるかもしれませんが、子どもたちは実に楽しそう!少し頭を使う複雑な動きなので、はじめは出来ない子もいるのですが、夢中になってコツをつかもうとやり続けます。そうして「できない」が「できる」に変わっていくとき、脳の中の運動の「回路」が作られていくのだそう。

・なかなかコツをつかめない児童がいる中で、どのタイミングで次のトレーニングに移るのが適切なのか?
・子どもたちを集中させるために気を付けることは何か?
・声のかけ方のポイントは?

など、通常の体育指導でも参考になる点が満載です。

特別講師:
株式会社T's-Condition代表 田島 孝彦氏
株式会社T's-Conditionチーフフィジカルコーチ 館崎 雅晴氏
 
<株式会社T's-conditionホームページ>
<お問い合わせページURL>
<お問い合わせメールアドレス>

本動画はダイジェスト動画です。
動画音声テキストはございません。...

ログインするとおすすめコメントをすることができます

もっと見る