プレミアム動画

この動画の本編は無料ログインしてご覧下さい

初めての方はこちら 登録済みの方はこちら

イベントアクティブ・ラーニングだから成績が上がる [7分16秒]

2016年8月26日に開催された第4回アクティブラーニングフォーラムの映像になります。

アクティブ・ラーニングの方が成績が上がる!その学術的研究に裏付けられたその根拠とは!?

クラス全員にICレコーダーをつけて、生徒の会話をすべて録音。

生徒同士でわからないところを聞き合い、教え合う『学び合い』の授業の中で交わされる会話を30人分、3か月分すべて聞いて分析しました。

気が遠くなるような分析作業ののちに判明した、生徒たちが勉強がわからなくなるその理由とは!?

「目からうろこが落ちるような講話でした。アクティブ・ラーニングの必要性がスッと降りたような気がします」
「伝説の西川先生のご講演、迫力がありました」
(フォーラムアンケートより)


※本動画は4本分割構成となっております。
 1本目は無料ログインなしで、どなたでもご覧いただけます。
 まとめてご覧になりたい方は、(前編)(後編)をご覧ください。



西川 純 氏 / 上越教育大学教職大学院 教授
一般社団法人 アクティブ・ラーニング協会顧問


1959年東京生まれ。筑波大学生物学類卒業、同大学院(理科教育学)修了。
博士(学校教育学)。 臨床教科教育学会会長。
東京都八王子の都立富士森高等学校定時制の理科教師として、2年間の現場教師経験から、現在の講義での教え方、研究におけるスタンスを決定的に定める。
『学び合い』および『アクティブ・ラーニング』に関する著書多数あり。
現在は『学び合い』および『アクティブ・ラーニング』に関する第一人者として全国での講演および研修実績多数。

西川 純氏(以下、西川) こんにちは。アクティブ・ラーニングの導入に関して、先生方は、どうしたらいいかなあといろいろ悩むところがあると思います。



そのうちの大きな悩みは何かといえば、「アクティブ・ラーニングをやらなければいけないけれど、現実問題として自分は子どもたちの学力保証をしなければいけない」ということだと思います。

子どもたちとワーワー関わり合うのはいいが、では成績はどうするか?というところが大きいと思うのです。

今から、実はアクティブ・ラーニングの方が成績を上げられることを、非常に単純な事例でお話ししたいと思います。最初にお伺いしますが、社会科が主である方...

ログインするとおすすめコメントをすることができます

もっと見る