この動画の本編は無料ログインしてご覧下さい

初めての方はこちら 登録済みの方はこちら

授業見学千々岩宏幸先生インタビュー [6分52秒]

小学校1年生へのプログラミング教育の実施や、タブレット端末を使った武雄市独自の反転授業「スマイル学習」、民間学習塾「花まる学習会」と連携する官民一体教育の実施など、次々と独自の教育を実施し全国の教育関係者から注目されている佐賀県武雄市。

今回は、道徳の時間に取り入れられている「ピースフルスクールプログラム」を取材させていただきました。

※ピースフルスクールプログラムは、オランダで開発された教育プログラム。オランダ国内ではすでに800校以上の学校で導入されています。多様な社会の中で、対立をさけるのではなく、対立を解決する方法とスキルを体系的に学ぶことで、社会の一員としての責任を自覚していくプログラムです。
 

詳細はこちらをご覧ください。
ピースフルスクールプログラム公式サイト
http://peacefulschool.kumahira.org/

Q.学びの意味・醍醐味・面白さ

千々岩 宏幸先生(以下、千々岩) 子供たちは今、コミュニケーション能力が低下していると言われているのですが、やはり友だち同士での関わり方でうまく関われなかったり、うまく自分を表現できない子たちはいますので、そういう身近な題材を通して、子供たちが関わり方を学ぶという意味で、すごく良い授業ではないかなと思います。

授業の中では、自分自身の身近な出来事として、自分の赤ちゃんのことを提示したのですが、そういった本当に身近なことから子供たちが考えを自分で見つけたり、友だちの意見を聞いて、こういうことも出来るということに気づけたりするのが面白さではないかなと思っています。

Q.今日の授業で最も学生に学び取って欲しかったこと

スナップショット 1 (2017-04-08 19-35)

千々岩 人それぞれの感情や感じ方が、人によって違います。自分にとっては些細なことでも、ある人にとっては、すごく重く受け止めたり、強く感じたりすることがあ...

ログインするとおすすめコメントをすることができます

もっと見る