この動画の本編は無料ログインしてご覧下さい

初めての方はこちら 登録済みの方はこちら

授業見学県立広島大学・松本拓也先生、三苫好治先生、西村和之先生(生命環境学部) [55秒]

大学1年次の導入教育で、将来につながる学びの土台を作る! 卒業後に働く自分をイメージすることで、逆算して身に付けるべき知識やスキルを明確にし、濃密な4年間の下地を作るアクティブ・ラーニング型基礎セミナー


県立広島大学では3年前から「大学基礎セミナー」という授業を実施しています。

全部で15コマの当セミナーでは、前半の7コマで、大学の授業を受ける上で必要な基本的スキル(レポートの書き方、ノートのとり方など)を身につける授業を実施。
そして後半の8コマは、学科ごとのオリジナル授業です。
今回は、当セミナーの後半、環境科学科オリジナルの授業を取材いたしました。

「授業と卒業後の仕事が結びつかない」
「各分野の専門家としての技術教育をしているのに、全く関係のない企業へ就職していく」

そのような状況を受け、環境科学科では、卒業後の働く姿がイメージできるように環境関係の職業についてグループに分かれてリサーチしていきます。

本動画はサンプル動画です。音声テキストはございません...

ログインするとおすすめコメントをすることができます

もっと見る