プレミアム動画

このコンテンツは、プレミアムコンテンツです。

プレミアム見放題・読み放題プランダイヤモンドプランに登録することで視聴することができます。

授業見学教室発⇒未来行き!~意志が芽生える学びの時間~ [54秒]

震災遺構の保存派と撤去派が両方納得する仕組みを考えよう!他チームのプレゼンを聞き、自分のチームのプロジェクト案と掛け合わせてより良い第三案を練り上げる、白熱のプロジェクト型国語授業


私立学校研究助成事業で、最優秀賞の「私学財団賞」を受賞した、宝仙学園小学校の加藤朋生先生の新しい実践を取材しました。

テーマは「震災遺構」。このテーマに至ったのは、「未来がより良くあるために」という単元の中で、原爆ドームについて学んだことがきっかけでした。現代でも残した方がいいものや撤去した方がいいものがあるのではないかと子どもたちが考え進める中で、東日本大震災の震災遺構(震災によって壊れた建物など、被災の記憶や教訓を後世に伝える構造物)について議論が発展していったそうです。

震災遺構は、今もなお、保存派、撤去派と色々な意見があり、議論がされています。
授業では、保存か撤去かという2者択一ではなく、未来がよりよくあるための第三のアイデアを出し合い、チームに分かれて具体的なプロジェクトとして考えを深めていきました。

今回の授業では、一つのチームのメンバーが一人ずつ他のチームに派遣され、プロジェクトの内容をプレゼンテーション。共感できる点、課題点を出し合い、他のチームのプロジェクト案と掛け合わせてより良い案を練り上げていきました。

他チームのプレゼンテーションを聞き終わると、湧き出るようにアイデアが溢れ、議論は白熱。「人件費はどうするの?」「募金で本当にまかなえる?」と、鋭い質問も飛び出します!さらに、自由にiPadを駆使して関連情報を調べながら、出てきたアイデアを補強し、発展させていく様子は、大人顔負けです。

議論がスムーズに深まっていく授業の組み立てや、先生の声かけにもぜひご注目ください。

本動画はダイジェスト動画です。音声テキストはございません。
 ...

文字コンテンツの続きを読むには…

ログインするとおすすめコメントをすることができます

もっと見る