授業見学幼稚園でアクティブラーニング [1分]

幼稚園でアクティブ・ラーニング! ダンスの振り付けも絵本の読み聞かせも園児が行う、
「先生の言うことをよく聞く子」ではなく「自分たちで考え協力しあえる子」を育てる幼稚園を取材しました。



「先生の言うことをよく聞き、間違えないように動く素直な子どもたち。良い子たちだけれど、今のままでは、これからの社会で問題解決をしていく力は、育たないのではないか……」

約10年前、上野園長は園長先生になるにあたって、今後の園の教育の在り方を見つめ直していました。
そんな時、ある埼玉県の小学校で面白い授業をしているという噂を聞き、何かヒントになればと授業を見学に行かれたそうです。

そこで目にした、主体的に協力し合って学び進める子どもたちの姿に感銘を受け、「もしかしてこれは、幼稚園や保育園の現場でもできるのではないか?」と思い立ち、上野園長は改革に乗り出しました!

成長課題や発達課題に合わせて、子どもたちが主体的にうまく関係性を繋いで取り組んでいく方法を考え、先生と子どもたちとのかかわり方を少しずつ変化させてきました。集団の個性の幅が広い方が、子どもたち同士の関わり合いや助け合いが機能しやすいと気付き、異年齢保育も導入。今では、ダンスの振り付けや絵本の読み聞かせも園児が自主的に行い、発表会の練習では、動画で自分たちの演技を振り返って改善点を探します。集合する時にも、先生が大きな声で呼ばなくても、子ども同士声を掛け合って自主的に集まります!

どのようにして、今のような保育・教育を実現させてきたのか。先生方からの反発はなかったのか。上野園長にお話をお伺いしました!

実際の園児たちの様子もご覧いただけますので、ぜひ動画でご覧ください。

本動画はダイジェスト動画です。音声テキストはございません。...

ログインするとおすすめコメントをすることができます

もっと見る