この動画の本編は無料ログインしてご覧下さい

初めての方はこちら 登録済みの方はこちら

授業見学長野小学校・市川寛先生(小6・算数)[1分12秒]

正しく・早く・簡単な方法はどれ?
「場合の数」の求め方を、教え合いながら見つけます


「はい、この問題はどのくらいの時間でできますか?」
 
社会に出たら締め切りのない仕事はないから、この課題にどれくらいの時間がかかるのか、考える癖をつけてほしい。そういった想いから、市川先生は子どもたちに問題を解くのに必要な時間を毎回尋ねます。
 
解き方を習っていない問題も、まずは自分たちの力で解いてみます。
問題を解くときは、他の人と話し合い、教え合ってもOK。
 
「友達だと気軽に聞ける」
「一人ひとり違うから、いろんな考え方が知れる」
と子どもたちが話してくれました。
 
任せて信じることで、子どもたちの可能性を伸ばす市川先生の算数授業をぜひご覧ください。

こちらの動画は3セットございますので、ぜひ他の動画もご覧ください。

長野小学校・藤澤真弓先生(寺子屋タイム)を見る

長野小学校・市川寛先生(小6・理科)を見る

長野小学校・市川寛先生(小6・算数)を見る

本動画はダイジェスト動画となります。...

ログインするとおすすめコメントをすることができます

もっと見る